2008年09月30日

どんなときにも楽しみを見い出す

どこか面白いところへ行って遊びたいと思いつきます。プランを立てるときは楽しい。友人を誘うのも楽しい。乗り物も楽しい。途中で食べることも楽しい。見るものも楽しい。寄り道も楽しい。目的地に着いたら、また楽しい。計画通りにいくのは、楽しい。

しかし、計画通りにいかなくなったときでも、楽しみを見つけられるようでなくてはなりません。

期待がすべてなくなったとしても、楽しみをみつけられるのなら、それが本当の楽しみ方です。
posted by 田村 季山 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

たった十分だけ成功すればいい

「一生涯、成功しよう」とか、「十年かけて成功しよう」と計画を立てて頑張ろうとすると、苦しい道になります。それでは、心に重りをつけるようなものです。

成功するためには、たった「十分だけ」きちんと頑張ってみればいいのです。

すると、「十分間だけなら、ちゃんと出来そうだ」「十分間、集中してやってみるぞ」という気持ちになります。

その十分間が終わったら、次の十分間、きちんとやればいいのです。
posted by 田村 季山 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

お金を引き寄せる

お金を引き寄せるには、富に焦点を合わせ、意識を集中させなくてはなりません。お金が足りない事にこだわっていては、お金を引き寄せることは出来ません。

というのも、その時あなたはお金が足りないという思考をしているからです。お金が足りないというこだわりが、お金のない状況を次々と生んでしまうのです。

富を引き寄せるためには裕福な状態に意識を集中させなくてはなりません。あなたは良い思考をすることで新たなシグナルを発しなくてはなりません。それはお金は既に充分すぎるほどあるという思いでなくてはなりません。ありとあらゆる想像力を使って、今すでに、欲しいだけのお金があると信じるのです。

それはとても楽しいことです。お金持ちになった気持ちを味わい、その気になって、ゲームをすると、すぐに、お金に対して心地良い気持ちを持てるようになるでしょう。そして、お金にいい気持ちを持つと、あなたの人生にもお金が流れ込んで来るのです。
posted by 田村 季山 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

今の自分の全ては自分のこれまでの思考の結果である

「今の自分の全ては自分のこれまでの思考の結果である」これは仏陀の言葉です。

あなたの今の人生は、あなたが今までに抱いてきた思考の結果です。ですから、あなたの人生の全てはあなたが考え方や感情を変えれば、完全に変える事ができます。

私たちはいつも、過去にとった行動や思考の結果の中に生きているのです。
現在の自分を見てそれが自分であると決めてしまえば、あなたは、将来それ以上の自分にはなれないでしょう。自分で自分をそう運命づけてしまうからです。

あなたとあなたの望むものをつなげるものが願いです。期待があなたの人生にそれを引き寄せます。だから、あなたは欲しいものを期待し、欲しくないものは期待してはいけません。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

思考は未来を創造している

どこかを訪問したり旅行したり買い物などに行ったりする場合、あらかじめ自分自身に「今日の訪問はとても有意義なものになるだろう、あるいは、この旅行はとても素晴らしくなるだろう」といい聞かせましょう。

すると、そのことが、実現を促進する要因や力を未来に送ることになります。

逆に、その訪問や旅行や買い物などの前にあなたが不機嫌だったり、恐れていたり、何か不快なものを感じると、何か嫌な感じを創造する見えない要因を事前に送ってしまう事になります。

私たちの思考、つまり意識の状態が、事前に良いもの悪しきものを創り出すよう常に働いているのです。
posted by 田村 季山 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

イメージには絶大な力がある(引き寄せの法則)

欲しいものを先ず決めてください。そしてそれが手に入ることを信じてください。
自分はそれにふさわしく、必ず手にいれることが出来ると信じてください。
そして、毎日数分間、目を閉じて、欲しいものをイメージして、それを手に入れた時の感覚に浸りましょう。
そのあと、既に所有しているものに焦点を合わせ、そのことに心から感謝し、十分に楽しみましょう。
それが終わったら、願いは宇宙に解き放ち、また日常の生活にもどります。

宇宙がそれをうまく実現してくれることを信頼していさえすれば良いのです。
欲しいもの、成って欲しいものを具体的にイメージ出来、すでに成ったと思い切ることができれば、そのように成ります。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

「いま」幸福になるしか道はない

「いま苦労すれば将来、幸福になるだろう」という考えには、幸福になる保証はありません。

「いま」幸福になるしか道はないのです。

いまの瞬間、幸福をみつけた人は、次の瞬間も幸福にする方法を知っています。

その人は、長い苦労と引き換えにすることなく、、とっくに幸福になっているのです。
posted by 田村 季山 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

人格者になれる瞑想

慈しみの心を育てて人格者になれる方法があります。それは、まず最初に、「私が幸せでありますように」と素直な気持ちで念じます。

次に「私の親しい人々が、幸せでありますように」と念じます。それから「生きとし生けるものが幸せでありますように」と、一切衆生の幸福を念じます。

さらに「私の嫌いな人々も、私を嫌っている人々も、幸せでありますように」と念じます。

この「慈悲の瞑想」を続けると、徐々に無量の慈しみの心が育っていくそうです。

ただそれだけを実践し続ければ、確実に、偉大なる人格者になれるそうです。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

「明日」や「いつか」は永遠にありません

「幸せ」というのは「明日」得るものではありません。「いつか」得るというものでもありません。

「明日」はいつでも「明日」です。だから、「明日」幸福を得ようという人は、いつまでも幸福になれません。

「いつか」は、決まっていません。「明日」や「いつか」という考えは、不幸になると決めた人の考えなのです。

今日一日だけ充実感を味わって、いかに楽しく、いかに成功して生きるのかと心を使えば、幸福な人になります。
posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

「任天」「任運(にんうん)」

自分のやるべきことを精いっぱいやった上で、天に任せる、運に任せるという考え方があります。

「論語」に、「死生命(めい)有り、富貴天に在り」という言葉があります。生きるか死ぬかこれは天の命である。金持ちになるか、貴い人になるかも天の配剤。

すべて天に任せて精いっぱい人事をつくす。
それが成功すれば感謝をし、仮に思うような結果が得られなくても、それは失敗ではなく、その方がむしろ良かったんだと思うことです。

天がそれでいいと判断してもたらされた結果と思えば納得でき、余計なストレスが溜まることはありません。
posted by 田村 季山 at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

「今」いいことをやっておく

「行為」と「結果」は、宇宙の法則です。
「行為」が先で、「結果」は後に出ます。
「今」というのは、いつでも「過去」の結果です。
それは、すでに結果が出てしまったことです。だから、悩む必要はないのです。

「今」何をやっているかによって、次の結果が出ます。
常に「今」、いいことをやっておけば、次はいい結果が出るのです。
posted by 田村 季山 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

幸せになりたければ

幸せになりたければ「慈しみ」と「人に何かをしてあげる」、この二つは欠かせません。

私たちも、人に役立つことを、何か一つでもいいからするようにしましょう。

では、私は何をすれば人の役に立てるだろうか、と考えるかもわかりませんが、その時には現実的に考えないといけません。「今の自分は何を持っているか」「今の自分には何ができるか」という、実際的で現実的な智恵で考えるのです。そのようにして、自分ができること、自分が得意なことを選んでください。

何か自分にできることを、社会のため、人のためにして、自分が人の役に立つようにしましょう。それは何でもいいのです。決して「自分に貢献できるものはホンのわずかでつまらない」などと軽視しないでください。

逆に、色々な能力のある人がホンのわずかなことしか貢献しないこともよくないのです。

とにかくできるだけ自分の行為を善行為にして、外に向けて行動しましょう。そうすればいい結果が、自分から望まなくても、好き勝手にやってくるものです。それで充実感のある幸福な生き方ができます。
posted by 田村 季山 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

「正義の人」になる

「自分は正しいことを守る」、それだけにすることです。「相手の非を直してやろう」と傲慢な態度を取ることは控えることです。「相手を直してやろう」とするところに争いや戦争が起こるのです。

正義の味方になるのではなくて、「正義の人」になりましょう。

いわゆる「私は悪いことはしません」と、自分を戒めているだけでいいのです。

相手が誰であれ、闘うこと、つぶすことは、決して平安をもたらすことはなく、正しい道ではありません。
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

既にいただいているたくさんのことに感謝する

目が見えること、耳が聞こえること、自分の足で歩けること、自分の口で食べれること、雨露をしのげる家があること、三度三度食事ができること、お風呂にほぼ毎日入れること、などなど、数えあげれば、千の恵みが与えられています。千の喜びと幸せがあるにもかかわらず、気に入らない一点だけをとりあげて、文句ばかり言ってる人が多いようです。

たくさん頂いている九百九十九のことにまず手を合わせて感謝をしてみる、そうしていると、気に入らない一つも自然とクリアされてくるものです。
posted by 田村 季山 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

失敗を取り返そうとすると失敗する

失敗して怒ったり悔しくなって、次はやみくもに頑張ろうとする人がいます。
しかし、そういう人は、次も失敗するでしょう。

悔しさや怒りのエネルギーは、なかなか成功の元になりません。失敗を取り返そうとすると失敗するのです。

まず、いまの瞬間のことに腰を据えて、行ってみましょう。そういう人が、成功の道を歩むのです。
posted by 田村 季山 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

願いを持つよりも大切なこと

多くの人は、願いを持つことは、素晴らしいと思っています。
しかし、そうではありません。願いを持つのは、今の自分を受け入れていないからなのです。

未来への願いを持つよりも、「いまの自分は何ができるか」を考えた方がいいのです。

「いまの自分を、どう向上させていくか」が大切です。
今に徹する生き方になれば、持っていた願いより、さらに先に進むことだってあります。
posted by 田村 季山 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

お金は少しあった方が、お金から解放される

お金を使うも使わないも、必要性にかかっています。だから使わなくても済むものなら、使わない方が人生は軽やかで、いるものなら、無いと制約されます。

お金が少しあった方がいいのは、人間がお金から解放されるためなのであって、お金に仕えるためではありません。だから、ありすぎると、人間にはそれが重荷になるのも道理なのです。

かなり高齢にならなければ、ありすぎても不幸、ないのもいけない、などと言う気にはならないと思います。
posted by 田村 季山 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

あなたは、あなたが考えている通りの者である

私たちは、いつでも「考え」が先にあります。
考えてから喋る。
考えてから行動する。
だから、「あなたは何者か}ということは、「あなたが何を考えているのか」でわかります。

暗い思考を持っていれば、暗い人になります。汚れた思考を持っていれば、汚れた人になります。

明るい心でいれば、明るい人になります。
posted by 田村 季山 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

「いいこと」をする目的とは

「いいこと」とは、「自分が喜び、他人も喜ぶ」。そして、「後悔しない」ことです。
「悪いこと」とは、「自分が苦しみ、他人も苦しむ」。そして、「後悔する」ことです。

自分には喜びであっても、他人に迷惑をかけるのは、いいことではありません。また、他人には喜びであっても、自分が苦しむのも、いいことではありません。

わずかでも後悔すると思うならば、そういう行動はやめましょう。
「いいこと」をすれば、「いい結果」が現われます。これには例外はありません。「そこそこの結果」しかないのは、「そこそこのこと」しかしていないからです。

「いい結果」を得るために、「いいこと」をしようとすると、期待どおりの「いい結果」が出なければ、不満や怒りが出て心は汚れていきます。それでは、「いいこと」にはなりません。

「いいこと」をする目的は、心を清らかにすることです。その目的であれば、期待しても期待しなくても「いい結果」がでます。
posted by 田村 季山 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

許してあげる

自分の幸福を壊すのは、自分に悪いことをした「嫌な人々」ではありません。

それは、悪いことを忘れないでいつまでも恨み続ける「自分の心」なのです。

あなたを攻撃したり意地悪をした人も、やりたくてやったわけではなくて、ただ真理がわからなかったから過ちを犯したのだと思いましょう。
相手に仕返しをすることで、けっして幸福は得られません。

子供が何か過ちをしでかしても、許してあげられるように、人を恨むのではなく、許してあげるのが賢い生き方です。
posted by 田村 季山 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。