2008年11月10日

不利なことを受け入れる

自分にとって不利なことを全部拒否していたら、人間はいつまでも成長できません。

自分にとって不利なことをどれだけ受け入れられるか。その度合いが人生を左右します。

たとえ、不利なことでもいったんは全部受け入れることです。そのうえで、よくしていくための努力を積み重ねることです。
posted by 田村 季山 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

すべては心から

すべては心からでています。心があって、考え、話し、行動します。
すべては心のあらわれだから、心が汚れていればすべてはよごれたものになります。

心がささくれだって荒れていれば、争いが起きます。心が苦しめば、どこにいても苦しい世界です。天国に行けたとしても苦しいでしょう。

逆に、心が安らかであれば、どこにいても安らかな世界になります。やさしい慈しみの心があれば、すべては清らかになります。人間関係も円滑に進みます。平和な心があれば、平和な世界で暮らすことができます。

すべての発生源である心を清らかにすれば、自然に生きていけるようになります。
まずやさしい心を育てましょう。そうすれば、私たちの行動はやさしい行動に変わります。慈しみの心さえあれば、生き方そのものが、そのまま正しい生き方になってしまうのです。

お釈迦さまは、「瞬間でも慈しみの心を育てなさい。それだけでも立派なことである」と説かれました。慈悲の心はなにもせずに放っておいて生まれてくるものではありません。努力して育てていくものです。
posted by 田村 季山 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

「明日」はどうなるかわからない

幸福というものは、いまの瞬間に得るべきものです。

「明日、幸福になろう」とか「将来、幸福をつかもう」という人は、ずっと幸福になれません。

そういう生き方は、「いまの瞬間は不幸でもいい。今日は苦しくてもいい」ということです。

「明日」とか「いつか」というものは、どうなるかわからないのです。
posted by 田村 季山 at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

自分の心を育てる

両親は、子供のことを我がことのように心配してくれます。たとえ悪事をはたらいて刑務所に入ったとしても、親は子を無条件で愛してくれるものです。

しかし、そんな親にも与えられない幸福を、自分で自分にプレゼントできることを知っていますか?

正しく育てられた「自分の心」こそが、他のだれよりも優れた、究極の幸福を与えてくれるのです。

もしあなたが幸福になりたいのなら、他人の愛情に期待するのではなく、「自分の心」を育てることです。
posted by 田村 季山 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

「いま」幸福になるしか道はない

「いま苦労すれば将来、幸福になるだろう」という考えには、幸福になる保証はありません。

「いま」幸福になるしか道はないのです。

いまの瞬間、幸福をみつけた人は、次の瞬間も幸福にする方法を知っています。

その人は、長い苦労と引き換えにすることもなく、とっくに幸福になっているのです。
posted by 田村 季山 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

「今」に徹する

多くの人は、願いを持つことは、素晴らしいと思っています。
しかし、そうではありません。

願いを持つのは、今の自分を受け入れていないからなのです。
未来への願いを持つよりも、「今の自分には何が出来るか」を考えた方がいいのです。

「今の自分を、どう向上させていくか」が大切です。
「今」に徹する生き方になれば、持っていた願いより、さらに先に進むことだってあります。

「今」というのは、いつでも「過去」の結果です。それは、すでに結果が出てしまったことです。だから、悩む必要はありません。

いま何をやっているかによって、次の結果が出ます。つねに「今」、いいことをやっておけば、次はいい結果が出るのです。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

「原因と結果の法則」どおりになる

「うまくいく・いかない」「成功・失敗」というのは、客観的なことではなく、自分の主観です。

ものごとは因果の法則で動いているのですから、よい結果を期待するならば、その原因を調整することです。

原因に適した結果があらわれるのであって、期待した結果にはなりません。

リンゴの種を蒔いてモモが食べたいと思っても、かなわない希望です。原因を無視して、よい結果だけを期待するのは間違いです。
posted by 田村 季山 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

恨みをもたない

自分の幸福を壊しているのは、自分に悪いことをした「嫌な人々」ではありません。

それは、悪いことを忘れないでいつまでも恨み続ける「自分の心」なのです。

あなたを攻撃したり意地悪をした人も、やりたくてやったわけではなくて、ただ真理がわからなかったから過ちを犯したのだと思いましょう。

相手に仕返しをすることで、決して幸福は得られません。
子供が何か過ちをしでかしても、許してあげられるように、人を恨むのではなく、許してあげるのが賢い生き方です。
posted by 田村 季山 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

原因は変えることができる

結果はもはや変えられません。しかし、原因は変えることができます。

原因が変われば、結果は変わります。

結果に足を引っ張られて悩むことはやめましょう。

よい結果になるように原因をしっかりと調整することが、理性的な生き方なのです。
posted by 田村 季山 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

私たちは布施で生きています

私たちは、大自然から、他の生命から、多大なお布施(恵み)をいただいて生きています。

一方的にいただくばかりで、返そうという気持ちはなさそうです。
それでは、人生は借金ばかりです。多重債務をかかえて、不幸になるに決まっています。

たとえ小さくてもよいから、大自然とすべての生命に何かをお返ししましょう。出来る範囲で少しでも債務を減らそうではありませんか。
posted by 田村 季山 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。