2009年02月28日

足ることを知る

私たちは、蜂が花を傷めないように、心やさしく相手をいたわる態度を身につけなければなりません。また時には、蜂に蜜をご馳走する花のように、それを恩きせがましく思わず、さり気ない態度で誇りを保って、ほどこしましょう。

自分の生活の便利さのために、人間は自然を破壊しつづけ、他国の富を冒そうとして戦争を起こし続けています。
何という愚かなことでしょう。

いくら美味しくてもあまり蜜を吸いつづけると、花だって疲れるし、花びらも傷つきます。
ものにはすべて、ほどほどという限度があります。
posted by 田村 季山 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

一日一生

一日が一生、と思って生きる。
今日の自分は今日でおしまい。しこりを残さない。恨みを明日に引きずらない。
明日はまた新しい自分が生まれてくる。
一日が一生、と思って暮らす。

きょう失敗したからと、へなへなすることはない、落ち込むこともない、明日はまた新しい人生が生まれてきます。

それは、今日を大切にしなかったら、明日はありません、ってことでもあります。
今が一番大切だってことなんです。
いま自分がやってることを一生懸命、忠実にやることが一番いいんです。
posted by 田村 季山 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

困ると思うから「困ること」が起きてくる

困った問題が生じたら、困った側面ばかりでなく、それがプラスに働く側面がないかを考えてみることです。
困った、困ったと考えるから困る要因ばかり浮かんできて、かえって問題をこじらせているという見方もできるのです。

大規模な地震などの災害も「復旧が大変だろう」と暗い顔をするのは一面的な見方です。災害は復旧のための多大な仕事を生みます。起こった災害は仕方ありませんが、そこから公共事業など新たな仕事が生まれます。

関東大震災も景気浮上に役立ったのです。
「不幸中の幸い」とか「ケガの巧妙」といった言葉はダテに生まれてきたわけではありません。
posted by 田村 季山 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

多くの恵みに感謝

針ほどのことを棒ほどに感謝をすれば、必ず棒ほどの結果が生まれるものです。

考えてみれば、私たちは、太陽や空気や水の恵みを、あたりまえと思ってはいないでしょうか。

むしろ自然の恵みにさえ不平やグチを言っているのではありませんか。
あらためて、針ほどにしか感じられない恵みを棒ほどに感謝しましょう。

「切り株に休んだらお礼を言って立つことだ」・・・石川洋
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

運命は自分持ち

不思議なもので、成功した人は「運がよかった」といい、成功しなかった人は「運が悪かった」とこぼすものです。

何が「幸運」で何が「不運」なのでしょう。

運のよい人は、「おかげ」を知り、不運の人は「他の原因」にします。
この違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

運に恵まれた人は努力を惜しまなかった人であり、運に見離された人は、自らあきらめた人です。

運命は自分持ちなのです。
posted by 田村 季山 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

「山」が待っている

アランは、「欲しいものはすべて山と同じようなもので、私たちを待っており、逃げてゆきはしない。だが、それゆえ、よじ登らなければならない」と言っています。

山とは、自分の夢であり目標です。目標を定めたら、後は山頂に向かって進めばいいだけです。神は、なんの夢も目標もない人には、何一つ与えません。絶えず夢や目標を持ち続けて、それを目指して努力し続けることが大切です。

登る山を決めたら、まず一歩を踏み出すことです。それを黙々と繰り返していれば、どんなに気の遠くなるような高い山でも、またどんなに遅々たる歩みであっても、必ず頂上に立つことができます。すべてのことは、これと同じなのです。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

「あと少し・・」が口癖の人へ

若い間は適度な欲望を持つことは大切ですが、年を取っても執着しているのは見苦しいものです。天国には何も持っていけませんし、遺産がどうなるかと未練を残していくのもつまりません。結局最後はみんな捨てて、生まれたままの裸になって旅立つのが理想です。

人を羨ましいと思う気持ち、憎らしいという気持ち、悔しいと思う気持ちの三つは、若いうちは生きるためのバネになりますが、いざ人生を楽しもうと思うと邪魔になります。これをまず捨てると、気持ちはすーっと楽になりシンプルに生きられるはずです。
posted by 田村 季山 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

100時間考えるよりたった一歩の行動が人生を変える

「百聞は一見にしかず」といいますが、そのことわざには実は続きがあります。
「百見は一考にしかず、百考は一行にしかず」。

心では変化を求めているのに、考えたり想像したりしているだけでは何も変わりません。そんなときは、とにかく「行動」してみるべきです。
無理に大きく動く必要はありません。ボクシングの「ジャブを打つ」気持ちでエネルギーを送っていれば、必ず周りの何かに「作用」します。小さな行動が次の行動を呼び、波紋のように次々と変化が起こっていくでしょう。

もしもAかBかで迷ったら、少しでもメリットがあると思うほうへ動いてみましょう。
脳には「自分の行動を正当化する」働きがあるので、多少デメリットがあっても「これを選んでよかった」と思えるようになるはずです。
百回考えるより、まずは、一歩踏み出してみること、それをきっかけに新しい扉が開いて、思いもよらない世界が広がるかもしれません。
posted by 田村 季山 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

気の持ち方次第

不幸だとか幸福だとかいう言葉くらい、本人の気の持ち方次第のものはありません。
不幸が好きな人は不幸だし、幸福が好きな人は幸福です。

おかしな言い方ですが、不幸になるのも幸福になるのも、本人の望み次第です。
幸福にも不幸にも、自分の好き勝手になれるものです。

私たちは、いつでも、ものの考え方の方向を、絶対に明るい方向に持っていきたいものです。明るいところには元気が、暗いところには病気が必ず宿っているのです。
posted by 田村 季山 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

「してあげられる幸せ」を大切に

幸せは三つあると言います。

一番目は、やってもらう幸せ。二番目は、自分で出来るようになった幸せ。三番目は人にしてあげる幸せです。

人がして欲しいことをしてあげれば喜ばれます。「してあげる幸せ」は三つの幸せの中で最高の幸せでしょう。

私たちは、いまだに「してもらう幸せ」ばかり求めて、絶えず不平不満ばかり言っています。「してあげられる幸せ」を噛みしめたいものです。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

人として生まれた幸せ

私たちはともすれば人生の苦しみのみに目が奪われやすいものです。また人生の不公平を恨む気持ちにとらわれやすいものです。

中国臨済宗の開祖、臨済禅師は「見ることができる目を持ち、聞くことができる耳を持ち、動かすことができる手足を持っているのに、それ以上なにが不服か」と言っておられます。

五体が満足なだけでも、大変な幸せです。

自分の持っている悪い点のみを見つめることをやめましょう。自分の恵まれた点を列記し、感謝しましょう。その第一は人として生まれてくることができたことではないですか。これ以上の幸福はありません。

これに比べれば、財産、地位、美醜などは、ほんのちょっとした付け加わりに過ぎないのです。このように考え自分の今ある状態に感謝しましょう。
posted by 田村 季山 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

一日一日を精一杯生きる、そこに幸せはある

いま目の前にあることを、やれる範囲で精一杯やっていく、その積み重ねが達成感を生み、天から賜ったその人の生を輝かせることにもなるのです。

何かいい出来事が起きたから幸せ・・・ではないのです。
目の前に起こる出来事をしみじみと味わうというような、当たり前の日常の中に本当の幸せというものはあるのです。

人生を輝かせて幸せに生きるには、自分に正直に一生懸命に生きるということが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

業績評価にとらわれない

「これだけの仕事をした」とか「これだけお金を稼いだ」とか「これだけの学校を出た」とか、何か業績と結びつかないと全部価値がないとみなし、ものすごく業績評価に偏った見方が社会に蔓延して、業績だけの価値観から抜け出せない人が多くなっています。ここから抜け出せないと人は幸せにはなれません。

業績的価値観を抜きにして身近な生活に目を向ければ、自分のいる場をきれいにしたり、おいしい料理を味わうというように、いくらでも幸せを味わうためのヒントが隠されています。

富や成功を求めるのではなく、「おにぎり一つで幸せだ」という人生が素晴らしいんです。自分の人生の意味と価値を信じられなくては、おにぎり一つで幸せを感じることはできません。

人間は自分の内面をしっかり見つめて、小さなことでも「あっ、いいな」と喜べる感性を身につけることが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

目標なくして継続なし、継続なくして成果なし

松下幸之助さんが前の二子山親方(元横綱初代若乃花)に「どうしたら横綱になれるんですか」とお尋ねしたところ、親方はあっさりと「横綱になろうと決意した者だけが横綱になれる」と答えたそうです。
やはり目標の高さが成果を生み出すということを言っているのでしょう。

一里の道を歩む人
五里の道を歩む人
十里の道を歩む人
人にはそれぞれの目標がある
しかし大切なことは
それぞれの目標によって
第一歩の踏み出しが違うのだ
第一歩の燃え方が違うのだ

托鉢者の石川洋さんはこういう詩にしています。
目標の高さが、ものごとを継続する力となり、成果を生み出していきます。

「目標なくして継続なし、継続なくして成果なし」です。

継続とは、いたずらに日を重ねることではありません。一日一日の努力の積み重ねの連続です。一途な思いが込められていなければ、できることではないでしょう。その一日一日の集積が、人間の一生を形成していくのです。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

続けていればそれなりに成果はでます

人は誰でも、いくつも欠点を持っているし、コンプレックスも悩みもあります。
自分には才能や感受性がないからとあきらめるのではなく、心をきちんと持って肥料をやって育てていけばどんどん成長していくものです。
生まれつきの才能はもちろんありましょうが、そういうものは放っておけばなくなります。才能ある人でも、心をかけて自分を一生懸命に磨きあげるからこそ、いい仕事を残すのです。

さして才能がないから自分は駄目だと放り出すよりも、自分を大事にして心を持ち続けることが大切です。
本を書くにしても、人は大変なことと思うかもしれませんが、人より少し早く起きて出かけるまでに五ページなり十ページ書くだけでいいのです。ただ毎日続けていると、ある日気がつくと何百ページになっているだけのことです。

毎日やることだけきちんとやっていれば、自然と仕事は出来上がっていきます。
これはなんでも同じで、「〜がない}と嘆いたり臆したりすることなく、毎日きちんと心に決めたことをじっくりとやり続ければ成果は自然とついてきます。
posted by 田村 季山 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

困難は魂を磨く

困難がやってきたときに、困難が自分を苦しめるためにやって来たのだと思ってはなりません。そのように考えると困難は益々困難となり、苦労は一層苦労となります。

困難が来るのは、人間を悩ますために来るのではなく、人間の魂を磨くために来るのです。それは失望や落胆のためではなく眠っている能力を呼びさまし、活力を振起させるために来るのです。その困難から逃げ出そうと思ってはなりません。

その困難を処理する工夫を積むことによって、あなたの内在の力は呼び
覚まされ魂が一段と訓練されるのです。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

「ありがとう」は今言う

感謝の言葉、愛を伝える言葉は機会を逃すと、もう言えなくなります。
「おはよう」という言葉と同じです。

朝、出会い頭に「おはよう」と言えばなんでもないのに、その時に言いそびれると、次に会った時になんとなく言いにくく、一日が何かよくないことをしたような気持ちになります。
すぐに言葉にしましょう。怒りの言葉は明日、感謝の言葉は今日が鉄則です。

私たちは言われないと分からないという不思議な心の仕組みを持っています。言われなくても愛や感謝は伝わるはずだなどと思ってもそうはいかないのです。

人は「言ってもらいたい」のです。言われることで初めて相手の本心が分かるような気がするのです。

米国などでは朝から晩まで会うと夫婦が「愛してるよ」と言っています。出かける時、帰って来た時には必ずキスしたり抱き合います。

これは長い間の経験で、行為に表さないと相手はわからないということを知っているからです。
日本は違うなどと言うかもしれません。しかし、これだけ欧米化した生活をしていて、日本だけが違うということはないのです。

怒りの言葉は明日、感謝と愛の言葉は今日が鉄則です。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

受け入れるという習慣・・・人は皆ちがう

他人の欠点を認めましょう。他人が自分と異なることを受け入れましょう。
それは他人が私たちと顔も姿も違うのと同じです。顔、姿が違うというのは、脳も違う、考え方、感じ方も違うということです。

潔癖というのは人間関係に関する限り決してほめたことではありません。

人は皆違い、皆異なった考え、感じ方をするものだと思って人と付き合うことが人間関係をよくする上でとても必要なことです。
人を批判し、悪いことを受け入れないということは本人の純粋性を示すものでもなんでもないのです。欠点を受け入れることのほうが純粋だといえるのです。

それはきれいな心で人を受け入れるということだからです。
潔癖は心の病だと思うほうがよいでしょう。それは最後には孤独地獄に陥る病なのです。一度孤独地獄に陥ると、もはやそこからあなたを救い出す人はいません。そうならないためにも、人を受け入れるという習慣を身につけることが大事です。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

自慢しないこと

人は嫉妬するものだと心に留めておくと多くの場合に判断を過(あやま)たず、人間関係を損ないません。

もしあなたが誰かに嫉妬心を持つとするなら、その人も同じような気持ちを持っていると考えるのが妥当です。こちらが嫉妬心を持っているのに、周囲の人が持っていないというようなことはありえません。
なんとか嫉妬心を駆り立てないように生きていくことが大切ですが、その最も簡単な方法は自分のこと自分の家族のことを自慢しないということです。

自分の素晴らしいことを知ってもらえば、相手は自分を高く評価して、色々なことがやりやすくなるだろうなどと考えるのはまったく間違いです。むしろ逆なのです。
自慢しないこと、これこそ人間関係の基本といえるでしょう。
posted by 田村 季山 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

陰徳積めば陽報あり

人知れず善をなすことは、想像以上の力で運を変えます。
徳(善業)の積み方は、その人の運にも影響を与えますし、子供や孫などの運にも影響します。

たとえ本人が世俗的に大成功を収めても、知らずに悪業を積んで
いれば、孫が急死する、子供がぐれるなどという不幸は避けられません。

もし、このようなことが嫌いなら、徳を積み、運を変えるしかありません。そのために最も有効な方法が陰徳を積むということで、それを続ければ、必ず子孫のためにも良い結果を生むのです。

隠れて何か良いことをするというのは、決して無意味な行為ではなく、最後には自分と子孫のためになる行為だということを理解すべきでしょう。

まさに、「陰徳積めば陽報あり」なのです。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。