2009年03月31日

心を浄化しましょう

苦しみはさまざまな原因と条件から生じます。しかし、自分の苦痛や苦しみの根本原因は、無知で修養の足りない状態の、自分の心にあります。

私たちの求める幸福は、自分の心を浄化することによってのみ得られるのです。

幸福は心の状態です。肉体的に安楽であっても、もし心がまだ混乱と動揺の状態にあれば、幸福ではありません。
幸福とは心の平穏を意味するのです。
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

富とは貨幣のみではない

富というものは貨幣のみではありません。また物質のみでもありません。
人に親切を尽くしておくこと、それが富です。やがて入用の時には巡りめぐって親切にされ援助されるでしょう。

よき考えもまた富です。実用新案などといって、ちょっとした小さな「善き考え」が無限の儲けを引き出すこともあります。よき友を持つことも富の一種です。

信用もまた富です。意志の強固さや、持続力の強さや、頭の良さもまた富です。さらによき妻を持ち、よき子を持ち、よき隣人を持つことも大いなる富です。

今、既に多く与えられている富に感謝しましょう。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

決意と勇気と自信があれば

決意と勇気と自信が、成功への鍵となる要素でしょう。障害や困難にでくわしても、もし固い決意があれば、それらを切り抜けられます。

しかし、どんな環境にあっても、私たちは控えめで慎み深く、慢心のないようにしなければなりません。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

夢を叶える人になる

無意識の「吐」くから、マイナスを取ってプラスの言葉だけを口から吐く、そうすると「叶」うという字になります。夢を叶えたいならプラスの言葉を使うことです。・・・と、(株)日本成功学会の黒木安馬さんがおっしゃってました。

口からプラスの言葉を出すか、マイナスの言葉を出すかによって、人生は百八十度違うものになります。夢を叶えたいと思うなら、プラスの言葉を使うようにすることです。

ところで、ここで夢を叶えるというのは、ベンツに乗りたいとか、豪邸に住みたいとか、一時的な欲望を満たすことではありません。もっと精神的な意味で、自分を振り返ってみて、「私の人生は面白い!」と言えるような充実感、満足感があるということです。

人は自分が想った通りの人間になるし、そのようにしかなれません。今のあなたの姿は、今までに自分が想ってきた結果です。お釈迦さまは、「今のあなたが、今のあなたの運命に相応しい」と言っています。また、キリストは、「あなたの行動はあなたの未来の予言者」だと言っています。

過去と他人は変えることはできませんが、自分と未来は変えることができます。
人生は自分が創り出すもので、すべてが自己責任です。ならば大きな夢を持って生きていった方が人生面白いものです。人生に失敗というものはありません。

成功の反対は失敗ではなく無行動です。失敗は何かをした結果ですから、勲章ものです。夢を描いて、それにチャレンジするというのは、人間にだけ与えられた特権です。
posted by 田村 季山 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

いつも笑顔の人には、いいことしか起こらない

人も自分も楽しくなるためには笑顔を忘れてはなりません。
せっかく美味しい料理を食べに行っても、ブスッとしていると、一緒に食事をしている人の気持ちもなんだか暗くなってしまいます。人をいやな気持ちにさせては、自分にいいことは返ってきません。

人を楽しい気分にさせるのは、なんといっても笑顔です。いつもニコニコしている人を見るだけで、楽しい、幸せな気持ちになるものです。それだけではありません。
「人は見た目が百パーセント」なのです。
楽しく、幸せそうにしている人には、楽しく幸せそうなことしか起こらないのです。

ためしに、ちょっとイヤなことがあったときでも、ニコニコしてみてください。なんだか楽しい気分になるから不思議です。
posted by 田村 季山 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

生涯修行

江戸時代後期の儒学者の佐藤一斎の「言志四録」の中に「たとい視力や聴力は落ちても、見える限り、聴こえる限り、学を廃すべからず」という言葉があります。

人間は幾つになっても成長できるし、成長すべきです。歳を重ねるごとに学んでいかなければなりません。歳を重ねたから尊いわけではなく、歳を重ねてもなお道を求めてやまない姿勢こそが尊いのです。

お釈迦さまも法句経の中で「頭白きがゆえに尊からず」という言葉を残しています。
あらゆるものから何かを感じとろうと心がけていると、「心の受信装置」が育まれます。すると人生は、よりいっそう豊かになって、世の中全体にも潤いやゆとりが生まれ、それらは大きく育っていきます。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

善き友と交わる

見る姿・形は一種の暗示となって私たちの魂の中に投げ込まれます。友達または知人の悪しき範例を見ていると、その悪しき姿が自分の潜在意識内のレコードとなり、縁を得ればその通りの悪しき姿が自分の行為(おこない)に現われてきます。

反対に、善き友と交わり、善き友の行為(おこない)を見、善き友の言葉を聞くことは、目に見えない無限の宝を内に積むことになるのです。
潜在意識の中にある善き観念は、無限のよき宝であるというのは、そこから無限の善きものが湧き出るからです。

すべて心に入ってくる物はやがて形になって顕れてきます。
いつも、いつも善き友、善きものと交わっていましょう。
posted by 田村 季山 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

今日を喜ばない人は明日も喜べない

毎日を爽快な気分で過ごすためには、物事を良い悪いと区別しないで、より良いものの光によって、より悪いものの存在をかすませるのがコツです。
悪いところばかり見つめていると、それを勢いづかせることになるからです。
ありふれたことにも光を当てて、無視しないで、数の中に入れて感謝すべきです。
私たちは、とかく自分が所有していると、それを無視したり軽視したりしがちです。
自分が持っているものを大切にする人は、他人が持っているもののことで心を乱したり、悩ませたりはしません。
今、手もとにあるものを気持ちよく活用する人が暮らし上手というものです。

今日を喜ばない人は明日も喜べません。
posted by 田村 季山 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

人生に「絶対」ということはない

私たちは他人の悪いところはすぐに分かりますが、自分自身の思い込みや頑なさにはなかなか気づきません。
私たちはいろいろな人生の局面で「絶対に自分が正しい」と思うことがあります。

しかしこの、「絶対に」ということが本当に正しいかどうか、冷静に考えてみる必要があります。
それと同じように、私たちに起こってくる物事も、これは絶対に不幸なことで、これは絶対に幸福なことである、ということもありません。
起こってくる物事はすべて中立で良いも悪いもありません。

それをあなたが良いと見るか悪いと見るかによって、物事は良くなったり悪くなったりするのです。
posted by 田村 季山 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

物事はうまくいくようにできている

宇宙根源の力はすべてを生かそうと働いています。その力に従えば万事うまくいくようになっています。自らの身に降りかかったことのすべてを「天から与えられたもの」と受けとめ、上手に生かしましょう。

嘆いてもどうにもならないことは受け入れる。受け入れると、そこから知恵が生まれ、道はひらけます。
困っても、何か道があるはずだと思うところから道はひらけます。道は無限にあり、その道を閉ざすのは自分の考え方次第なのです。

断崖絶壁と思うような苦境にあったとしても、必ず道は拓けます。その道をひらくのも閉ざすのも自分の受けとめ方次第です。

物事はうまくいくようにできている、と大きく楽観していましょう。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

「人生の目標」をはっきり紙に書き出す

無限の富、無限の才能、無限の能力を与えてくれる宇宙の心(潜在意識)。
その潜在意識を揺り動かすためには、強い想念と信念がなければなりません。
それと同時に目標、願いが明確であることも求められます。
それが不鮮明では潜在意識に訴える力が弱くなるからです。
人生においては、願いや目標は人それぞれいろいろでしょう。だが、、あれもこれも欲張ると、想念や信念は確固たるものになりえず、潜在意識に強く作用することは困難です。そして、どれもが実現しない、という事態を起こしかねません。

まず願いや目標を明確にすること。数多くある場合でも優先順位をつけ、はっきりさせることが大切です。
それが決まったら、今度はそれを紙に書き、書斎、寝室、あるいはトイレなど、いたるところに貼り、一日何度もそれを確認し、声に出して読み上げましょう。
手帳やノートにそれを書き写し、電車の中や、学校、会社で確認しましょう。
それを毎日繰り返すことにより、目標達成に向けての自信、勇気が醸成され、時間とともに徐々に目標は現実のものとなってきます。
posted by 田村 季山 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

そうすることができると信じる

「失敗するのではないか」
「苦境からの脱出は不可能ではないか」
このような敗北主義者的思いが心を占領するようでは、困難や苦境は乗り越えられません。

あなたの現在の姿は、過去にあなたが心に描いていた姿がそのまま現われているのです。つまり、過去の因果として現在があるのです。

したがって、未来に明るい光を見ようとするのであれば、また、輝かしい人生を歩みたいと願っているならば、
「そうすることができると信じる者がそうなる」
と心の底から思い、大胆に挑戦していくことです。

「絶対に成功する」との確信に満ちた考えがあるところに、克服できない困難はありません。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

持続力は才能です、人間関係はメンテナンス。

どんなに小さなことでも、細く長く続けていくうちに、その人だけの魅力として備わってくるものです。いっときの瞬発力で出す魅力は、間に合わせにすぎません。持続していく力が、本当の魅力です。

たとえば、魅力ある人は、彼女が何人いても、長くつき合っている彼女がいます。
つき合いが長くなるので、彼女の数も増えるのです。

「絶対浮気しない」と言いながら一ヶ月おきに彼女が変わるのとは違います。
魅力がないと、持続はできません。持続すると魅力がアップします。
それらは相関関係にあります。持続するのは難しいことです。
どれだけメンテナンスできるかが問われるからです。人間関係はメンテナンスです。相手も、自分も、二人の関係も、メンテナンスすることが必要なのです。
posted by 田村 季山 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

訓練のない上達はない

実行は最良の教師、訓練なくして上達はありません。

「実行は最良の教師」「習慣は第二の天性である」これは外国の諺です。小さい頃、体で憶えたものは長く残ります。幼児体験はいろいろな意味で強いものです。

ところで、何かをなすとき、自己流のやり方ではあまりにも時間がかかり過ぎます。理にかなった訓練を重ねれば、はやくあるレベルに達します。

ましてや、訓練なくして上達は望めません。怠けていてあるものを手に入れようとしても、それはあまりにも虫がよすぎます。合理的な訓練を重ねることです。
posted by 田村 季山 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

出し切ればまた出てくる

手抜きをしないこと。出し惜しみをしないこと。今ここに打ち込めば、あとはまた出てきます。

人間の能力や技術は、最高度に発揮してこそ意味があります。そこで使い果たしてなくなる性質のものではありません。むしろ、出し尽くせば新しいものが生まれます。

全力をかければ、その中に成功の種子がひそんでいるものです。
栄光の陰に涙ありで、「忍耐は苦しいが、その実は甘い」(ルソー)ということです。
posted by 田村 季山 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

まねる人を持つ

「学ぶ」とはまねることです。できる人を真似ることです。
そうすると、はやくそのレベルに達することができます。

観察稽古、見取り稽古は、あることの成長をねらい学習する人にとって、見過ごしてはならない、最良の方法です。

自己流で試行錯誤を繰り返すのは、あまりにも時間がかかりすぎます。
できる人を真似ると、はやくそのレベルに達することができます。このことの重要さを自覚しましょう。

そのモデル探しを怠ってはいられません。
ところで、他人から学ぼうとするのは、その人を信頼し、尊敬しているからです。
そのような目標となる人をはやく探しだしましょう。それが先決です。
posted by 田村 季山 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

「うれしかったこと」を人に話そう

デートのときに、「楽しいね」と口にしてみる。
空を見上げて、「星がキレイ」と言ってみる。
眠る前に、「いい一日だった」とつぶやいてみる。

すると魔法のように、あなたの発した言葉は現実になります。
心は、認めた瞬間に出来上がるものです。
言葉は一種の「暗示」のようなもので、心と現実をつなぐ、橋渡し役をしています。
ですから、楽しかったことや嬉しかったことは、積極的に人に話すようにしましょう。

「昨日観た映画、すごく面白かったよ!ぜひ行ってみて」
「電車に乗っていたら、お母さんに抱かれた赤ちゃんが笑いかけてくれたよ」
ハッピーなことを人に話すと、話が盛り上がるのはもちろん、言葉の力で自分もより幸せな気持ちになれます。
ぜひ、今から実践してみてください。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

一日ひとつ、自分をほめる

人は誰でも、「できないこと」と同じ数だけ「できること」を持っています。
自分にできないことがあっても、そのかわりに必ず何かできるものがあるものです。

人生は、自分の思った通りにつくられていきます。

「できない」と簡単に口走ることは、自分の可能性を自分で潰していることになるのです。もし、「できない、できない」と言っていると、やればできるはずだったことまでもできなくなってしまいます。

逆に、どんな小さなことでも認めてほめてあげれば、潜在意識にしっかりインプットされます。
すると、どんどん自信がついて「器」自体が大きくなります。
大きくなった「器」で頑張れば、さらにレベルの高いこともこなせるようになるものです。

一日の終わりに、今日頑張ったことを一つ見つけて、自分をほめましょう。
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

与える生活を心がける

人に対する感情や行いは、良くも悪くも、めぐりめぐって自分に跳ね返ってくるものです。「人を呪わば穴二つ」という格言がまさに潜在意識の働きをよくあわわしていて、人を恨んだり妬んだりしていると、自分の運命も悪くなっていくということがあります。

反対に、他人の幸せを願い、人に喜びを与えていると、それがやがて恩恵となって自分のもとに返ってくるいうことです。

そうした人に与える生活をしていると、心がどんどんポジティブになって、毎日が楽しくイキイキとしてきます。自分の表情や性格や行動が明るくなれば、誰に対しても好意的に接することができるようになりますから、その分、人からも好意をもたれやすくなり、ラッキーなチャンスに出会う確率も高くなります。
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

チャレンジする

心をいつも新鮮にたもつ方法は、とてもシンプルです。それは、新しい物事にどんどんチャレンジすることです。
「流れる水は腐らない」という言葉の通り、心も日頃から新しい刺激にさらされていれば、いつも柔らかく保てます。

新しいことを始めるのに、タイミングなんて関係ありません。「これだ!」と思ったら、すぐに始めてみることです。
何となく面白そうだとか、好きな人がやってるから、とか、始める理由だって何でも構いません。

これまでと違う何かにチャレンジするごとに、あなたの魅力は輝いていきます。
posted by 田村 季山 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。