2009年05月31日

不幸もチャンスととらえる

一見、不幸に見える事柄も、思いきってチャンスととらえることができれば、明るい未来が開かれます。

起こったことをありのままに受けとめて、自分のなかで将来像を描きつつ、日常の行いをよくしていると、状態はプラスに転じていく、ということです。
マクロの視点に立ってみれば、今、目の前に広がっていることは、どれも不運とはいえないということがわかるはずです。それをどうとらえ、どう行動するかこそが、幸運と不運を決めるカギになっているからです。
すべての事柄そのものは、プラスでもマイナスでもない、極めてニュートラルなものといえるでしょう。

それが未来にどう出るかは、その人の考え方ひとつで決まるのです。
posted by 田村 季山 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

気分が良ければ、それは良い思考を抱いている証拠

私たちの思考がすべての事象の根源です。あなたがある思いを持ち続ければ、それが直ちに宇宙に放射されます。その思考が似たような周波数を持つ波動にちょうど磁石のようにくっついて、数秒でその波動の情報をあなたの気持ちという形であなたに返してくるのです。すなわち、あなたの気持ちは宇宙からの返事で、あなたが今どういう周波数と同調しているのかを教えてくれるのです。

あなたの気持ちはあなたの周波数を知らせてくれるメカニズムなのです。あなたの気持ちが良い時、それは「あなたは良い思考をしていますよ」という宇宙からのメッセージです。逆に、気分が悪い時、それは「あなたは悪い思考をしていますよ」という宇宙からの警告なのです。
posted by 田村 季山 at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

日本人の不幸

日本人の不幸は、自分が持っているものの価値をほとんど感じていないところにあります。地面の上で寝る途上国の人々からすると、布団に寝られるということはどれほど幸せかわかりません。

生で飲めるほど清潔な水をいくらでも使えることの幸せ。毎日飽食できるということは昔なら支配階級のみの特権だったのです。
posted by 田村 季山 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

物もお金も生かすように

多くの予期しない幸運や悪銭は身につきません。
自分でこつこつ勝ち取ったものでない限り、ほとんどすべての幸運と金銭は身につきません。それどころか、堕落、病気、裏切り、退廃、不和などの種になることが多いものです。

自分が必要とするものだけ、感謝して使うことを運命に許してもらい、後は、要る人に回す。そうすれば、物もお金も生きます。人も物もお金も殺すべきではないでしょう。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

小金は人を幸福にする

人は途方もない大金を手にするとほとんど必ず不幸になるか適切に使い切れないかどちらかです。

小金をもらうと多くの人が他愛もなく幸福になります。
だから年を取ったら、身近な人に少し「小遣い」をあげるといいでしょう。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

引き寄せの法則

願いがあるなら、その願いを叶えたいなら、私たちは願いを持ち続けなくてはなりません。そして、それを頭の中で明確にすると、宇宙で最も偉大な法則を発揮させることができます。それが「引き寄せの法則」です。あなたは自分が一番なりたいものになります。また、自分が一番考えているものを引き寄せます。

私たちの現在の人生は私たちが過去に考えたことの反映です。それは素晴らしいものや、そうでないものを含んでいます。これまで一番長く思っていたことを引き寄せるので、あなたの人生であなたが何を一番深く考えてきたのかが解ります。このことをよく理解できたら、すべてを今から変えることができます。
posted by 田村 季山 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

不快なものには意識を向けない

自分の意識を、自分が一番引き寄せたいものに集中させましょう。
実現すれば、自分も含めてみんながうれしくなること、幸せになること、それだけに意識を集中させるようになると、自分のまわりにそれと似たような人が集まってきます。

つまり、自分が幸せなことに意識を集中すると、最終的にはまわりの人たちも幸せな環境になるのです。
posted by 田村 季山 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

一つの夢にこだわらない

ある夢を持っている場合、「絶対になにがなんでもそうなりたい」という思い方をしていると、実現は難しくなります。
その気持ちが強くなると、「これがかなわなければ幸せになれない」という思いになり、執着になってしまうからです。
その夢は、あなたの幸せの「絶対条件」ではありません。あくまで「たくさんある幸せのひとつ」です。その夢だけが幸せへの条件ではありません。

夢を次々に実現させる人は、確かに夢を強く思い描いていますが「こうでなくては幸せになれない」という思い方ではなく、「必ずそうなるだろう」という「信念」のような思い方です。そうなることを当たり前として思考が進んでいるのです。そして、その夢だけにこだわらず、「それも幸せのひとつ」というゆるやかな考え方をしています。
「これだけが絶対!」と思い込まないことが大切です。
posted by 田村 季山 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

部屋をいつもキレイにしておこう

部屋を快適に、自分にとって居心地のいいように整えていましょう。
居るだけでホッとする空間、見るだけで穏かな気持ちになるモノ、楽しい気分になるモノで満たしていましょう。また、インテリアに気を配り、居るだけでホッとするような居心地のいい部屋にするようにしましょう。

部屋は、毎日そこから出発して帰って来る基本になるところです。365日、ゴチャゴチャの部屋を見て暮らしている人と、スッキリと快適な部屋を見て暮らしている人では、そこから考えることや気持ちが違ってきて当然です。

部屋がいつもきれいに保たれていると、帰って来た時にホッとし、一日外でためてきたマイナスのものがリセットされるようになります。
部屋をいつも掃除し快適に保っていると自分の気持ち(波動)がスッキリし、そこに引き寄せられてくるものが良いものに変わってきます。
posted by 田村 季山 at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

言葉にはパワーがある

口癖でつい「最悪だ、ホントついてない」というようなことを言っていませんか?「こうなったらどうしよう」と起きてもいない不安を言葉にしていませんか?大した思いはなく言っていても、回数が増えればそれは少しずつ現実の世界に現れるようになります。回数が多ければ多いほど、思いが強ければ強いほど、引き寄せる力は強くなるからです。

口癖はただの習慣なので、意識すれば簡単に直すことができます。
自分をへこませる言葉、否定する言葉、自信をなくすような言葉、謙遜のあまり必要以上に自分を卑下する言葉などを口にしていないか気をつけてください。

わざわざ自分の未来を悪い方へ進ませているよくない癖です。
こういった悪い口癖は、今から即止めて、自分が喜ぶ言葉、本当になったら嬉しい言葉だけを口にするようにしましょう。
posted by 田村 季山 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

今を楽しむ波動が次の楽しさを引き寄せる

モノにはすべて波動があって、それぞれが振動しています。すべてのモノは原子からできていて、原子は極小レベルで振動しているからです。
目に見えるモノはもちろん、目に見えないモノも、それぞれが振動しています。

たとえば、音波、電波、電磁波といわれるものも、「波」として振幅があり振動しています。
波動の特徴は、その振動数と同じものを引き寄せ、違う振動数のものは拒絶するというものです。ラジオを聴こうとするときには、その局の周波数に合わせなければその局で流れている情報を受信できないようなものです。
そうゆう訳で、楽しいことを引き寄せようと思ったら、自分が「楽しい」と同じ振動数になればいいのです。つまり、自分が毎日「楽しい」という波動でいれば、「楽しい」ということがやって来るし、「つまらない」と思っていればつまらないことがやってきます。

毎日、ご機嫌で楽しく幸せに過ごしたいと思っているなら、いつもニコニコして楽しそうに振る舞っていましょう。すると、そうせずにはおられない、楽しく幸せなことを引き寄せていつも幸せな気持ちでいられます。
posted by 田村 季山 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

欲しいと告げるだけで宇宙は準備にとりかかります

世の中には、何かを欲しいと言う事ができる人とできない人がいます。人は何かを欲しいと言うことを、「罪だ」ととらえていることがあり、また、何かを欲しいと言うことで自分が、「欲深い人間なのではないか」と戒めることがあって、なかなか欲しいものを素直に欲しいと言えないことがあるものです。にもかかわらず、他人の持っている豊かさをうらやんだり妬んだりしているものです。

「欲しいものがあるなら、私も欲しい!と〈神様に)告げなさい。そうすれば今度はあなたに与えられる」「他人の持っているものが羨ましいと思うなら、ねたんだり羨んだりするのではなく、そのかわりに、それを称え、祝福しなさい。そうすれば、あなたにもその同じ祝福がもたらされます」と、潜在意識理論の権威者のマーフィー博士は、言っています。

素直に何かを欲しいと思うことが、欲しいものを手にする基本なのです。欲しいと言うとき、それは誰かから奪うということではありません。然るべきところから、適ったやり方で、当然の経緯で、あなたのものとして与えられるのです。なにも遠慮することはありません。
欲しいものは、欲しいと告げるだけで宇宙は準備にとりかかるのです。
posted by 田村 季山 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

人生は思った通りになっている

潜在意識の力には人生を一変させる働きがあります。潜在意識は、顕在意識よりも、深く大きく私たちのすべてを支配する力を持っています。それはとてつもない強制力を持って、私たち自身や私たちの人生を動かしています。

その潜在意識に何を刻んでいるかで、表出する現実が変わってきます。
幸運な思考で満たせば幸運が訪れ、不運な思考で満たせば不運が訪れます。思考に見合った現実を引き寄せる力があります。

私たちが何かを思考すると、すぐさまそれはイメージとなり、感情を呼び起こし、一種のエネルギーを作り出します。そのエネルギーがどういう性質のものであるのか、どのくらい強いものであるのか、どういう方向に向けられるのかで、つくられる現実の質が変わってきます。

だから、もし今の人生が不本意なものであるとするなら、望んでいないことに意識を向けるのではなく、本当に望んでいるものを思考することが大切です。

喜んで叶えたいことをイメージし、「よし、こうなるぞ!」「こうしよう!」と、叶えたいことを自分の中で予め宣言することが大切です。
私たちが、何かを「こうなる」と予め自分に告げると、それがどういうものであれ、私たちが受け入れ、納得し、確信し、決定していることは、本当に成就してしまいます。

幸運な人生を引き寄せたいなら、幸運予告をすることです。
posted by 田村 季山 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

一番いい服を着て、会社に行きましょう

あなたの一番いい服は、どの服でしょうか。最近その服を着て、どこに行きましたか。その服を、年に何回着ますか。
一番いい服は、一番着る回数の少ない服になってしまいがちです。
「ここ一番」という時に取っておきがちになります。取っておき過ぎて、結局、着る機会を失ってしいます。こんな無駄なことはありません。

これは、家の中で一番いい部屋を押入れにするようなものです。
一番いい服を着て、会社に行きましょう。毎日着ても構いません。一番いい服を着て会社に行けば、きっと仕事の仕方が変わるはずです。どうでもいい服を着て、仕事に気合が入るわけはありません。
運をあげたいと思っているなら、一番いい服をふだんから着ましょう。
posted by 田村 季山 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

人生や人間関係を良くする秘訣

「他人からの評価は神に任す」「済んだことは神に任す」と口ずさむと不思議に気分が楽になります。

そうして、過去の心配ごとを思い出さない、現在の人間関係のもめごとについて心配しない、将来の不安も想像しない、そういう心がけを持ち続けていると、次第に気持ちが明るくなり、それどころか、人生や人間関係が、よい方へ、良い方へと好転し始めます。
posted by 田村 季山 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

徹底してはいけない

「徹底的にやる」というと聞こえはいいですが、そこにはエゴイズムが隠れていないでしょうか。「徹底する」というと、立派に、きれいに聞こえるから、人々はそれをよいものと思いがちですが、本当はそれを主張する人の身勝手という場合が多いものです。

「自分はいつも最後までやることができない」とか「中途半端で終わってしまう」と悩んでいる人は少なくありません。しかし、それでいいんです。そのほうがいいんです。

自分を責めてはいけません。「徹底しろ!」と言う人よりあなたの方がずっと正直で本物なのです。
posted by 田村 季山 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

「一生幸せ」「今は完璧に幸せ」という人はいません

一生幸せという人はいません。一生幸せに見えるような人でも、必ず何か人に言えないような問題を抱えているものです。
同じことはある時点をとっても言えるのです。私たちは様々な要素の影響を受けて生きています。仕事がうまくいっていても、健康上の問題を抱えている場合があります。自分はすべてうまくいってるのに、子どもがうまく育ってくれない場合もあります。また、他人の不幸に自分が思いがけなく巻き込まれる場合もあります。

たとえば、自分がうまくいっていても家族が不幸な場合、それは幸せと言えるでしょうか?つまり、一生の間にも波の高い低いがあるし、ある時点だけとっても、すべてがうまく行っているわけでもないし、すべてがダメというわけでもありません。だから、幸福とか不幸と言っても、何をもってそう言えるのかはわからないということです。幸福でさえ、心の持ち方では不幸の原因になることもあります。人望があるために、いろいろな仕事を言いつかり、忙しくなって体を壊したなどというのがその例です。

このことは大事です。他人は私たちが想っているほど、あるいは私たちに見えるほど幸福でも不幸でもなく、また自分自身も、長い目で見れば、また大きな視野で見れば、他人と比較してさほど幸福でも不幸でもないのです。そう思い、これが人生だと覚悟を決めて生きることが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

自分に合わないことはしない

幸福な人生を送る鉄則の一つは、自分に合わないことはしないという覚悟を持つこと、つまり自分に合わないことは捨てる勇気を持つということです。
人に勧められても、世間でよいことだからと言われても、自分に合わないことはしないほうがいいのです。

細部にこだわるのもよくありません、きちんとしなければと思うとかえって無理がでます。ほうっておけば、自ずから落ち着くところへ落ち着くものです。
posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

毎日、毎日の積み重ね

小さな悪事を働いても何も悪いことが起こらないからと、「因果の法則はない」「大丈夫だ」などと思ってはいけません。大きな不幸はこのような小さな悪事が積み重なって起こるのです。

また、ちょっとした善いことをしても運がよくならない、だから「ばかばかしい」などと思ってはいけません。福はこのような小さな善の積み重ねによって得られるのです。

「吉日に悪を志すに必ず凶なり、悪日に善を行うに必ず吉なり、吉凶は人にありて日にあらず」と、兼好法師は言いました。
つまり、どのような日でもよいことをすればよい結果が生まれ、悪いことをすれば悪い結果になるということです。

このような法則があるにもかかわらず、短期間で見ると因果の法則がはっきりしないように見えるのは、短期間では偶然が働くことがあるからです。
長い目で見れば、今日の運勢は今まで自分がしてきたことの総決算が結果として出てくるだけです。けっして、その日が吉日だとか凶日だからということで決められてはいないのです。

ある出来事が起こる時間がかなり近くなると、もうその出来事が起こることを防ぐことはできません。しかし、遠い未来の出来事は毎日の努力で変えられます。
posted by 田村 季山 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

相手を立てる


自分が利益とか成功を独占するような印象を人に与えてはいけません。
生きてゆくうえで先を争うようなことがあれば、相手に一歩譲るのがいいでしょう。一歩を退くことは、長い目で見れば実はもっと先に進むことになるからです。
また、人に接するときは、あまり厳しい態度では臨まず、寛大な心を持つことがよい結果をもたらします。

他人に利益になるようなことをすることは、実は自分の徳を積むことになり、結局は自分の利益になるものです。

どのような場合でも、他人の嫉妬を駆り立てては成功はおぼつかないといわねばなりません。成功しても、あまり自慢しないこと、さらに相手を立てる気持があってこそ安泰なのです。
posted by 田村 季山 at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。