2009年06月30日

何が起こっても全託して安心していましょう

無条件で神様仏様に任せたといいながら、自分に都合の悪そうなものが見えると、すぐ不平を言う、それでは神様仏様を疑うことになります。

神仏が悪いことを与え給うことはありません。目の前の現象に捉われてはなりません。必ず良くなるに決まっていると思い返して感謝しましょう。
こういう気持ちでいることが日々を穏かに暮らす秘訣です。
posted by 田村 季山 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

信じる・・・自分のこころ次第

病気、お金、就職、結婚・・・諦めていないでしょうか。
人生は、体験を積み重ねた結果であり、それは自分の心で築き上げたものなのです。この真理を知っていることは人生にとって尊い宝となります。

今からでも変えられると、変えられる自分を信じましょう。
過去は終わってしまったこと。過去を基準にして未来の選択をする愚かさはやめましょう。

一番大事なのは自分の心、幸せというのは自分自身の心のあり方ですから、病気になっても、お金がなくても、幸せだと感じる人が幸せになるのです。
posted by 田村 季山 at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

真にやりたいことを、一生懸命やりつづければいい

どんな人にも、能力や才能はあるものです。あこがれの人、有名な人と自分を比べて、惑わされてはいけません。自分自身の色を出すこと、自分自身が持って生まれた才能を見い出すことこそが大事です。
どんな人でも、なりたいものになれるのです。やりたいことは出来るのです。

人にあなたの才能を認めさせるのではなく、自分の内なる力が、意識が、やりたいことをやりつづけさせるのです。
人が見ていようといまいと、認めようと認めなかろうと、そんなことは関係ありません。

今、自分に与えられているこの場を、この職業を、この時を、この人脈を、いかに生かし、人に幸せを与え、人に喜びを与えて自分自身もともに幸せになっていくか、これが真の働きです。
posted by 田村 季山 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

誠実真行万理を識るにまさる

誠実なる行いほど尊いものはありません。これが私たちの信条でなければなりません。
言葉や文字でいくらよいことを書いたり言ったりしても、実際におこなわなければなんにもなりません。
行いがその人のすべてを決定します。
誠実真行万理を識るにまさる、です。
posted by 田村 季山 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

高慢ではいけない

自分の中に、謙虚な気持ちが起こった時には立派になった、高慢な気持ちが起こったらそれだけ下落したのだ、と思えばいいでしょう。

それが自分を計る適当なバロメーターです。

「柔和なる者地を継がん」と、イエスは言われました。「高慢は芸の行き止まり」と俗にも言われてるように、やはり高慢ではいけません。
posted by 田村 季山 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

今いる環境で誠意を尽くす

もっといい立場が他にあるに違いないと、今、おかれた環境から逃げようとすると、あがけばあがく程自分の苦しみも多くなるし、進歩も遅れます。今おかれた環境、立場より他によい環境、立場は自分にはないのです。何故なら、神が自分に必要があってその環境に置いて下さったものであるからです。有り難く受けて、そう出来なかったら、いやいやながらでもいい、こんなこと必要がないな、と思っても構いません。

しかし、その環境の中にすっかり腰をすえて、一生懸命、誠意をつくして、仕事なら仕事、勉強なら勉強をすることです。

そうしていると、一番いい生き方が与えられます。それが環境を生かすということなのです。そして、後になって、それが必ず、自分に大きくプラスになり、役立ってくるのです。
素直に一生懸命やっていると、必ず新しい環境、立場へ導かれます。
posted by 田村 季山 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

本当の悟り

ありとあらゆるものがみんなそれでいいんだ、自分に都合のいいことでも、都合の悪いことでも、あぁそれでいいんだ、ありがとうございます。という心境になれれば、それが本当の悟りでしょうね。
posted by 田村 季山 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

言葉づかい

たとえば、「コーヒーいる?」と聞くのか、「コーヒーいかがですか?」と丁寧に話すことができるのかで相手がわかります。
当然、後者の方が魅力的な言葉づかいです。
そういう相手に配慮した言葉づかいができるかどうかが、成功の分かれ目になります。日本語でいえば尊敬語、謙譲語、丁寧語の使い分けがきちんとできるかどうかということになります。

言葉づかい一つで相手に好印象を与えられ、言葉一つで相手を幸せにできます。
相手が幸せな気分でいられるような言葉がけができる人は、とても魅力的な人です。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

自他ともに赦し、あらゆることは消えゆくものとして捉われないこと

この世の中の全ての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤った想念、行いが、その運命に現われて消化されていく時に起こる姿であるといわれます。

どんな苦悩であっても現われれば必ず消えていくものであるから、消え去るものであるという強い信念と、今からよくなるのであるという想いを起こし、どんな苦難、困難の中にあっても、自分を赦(ゆる)し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真(まこと)と赦しの言行をし続けていくと共に、すべてのこと、モノ、人に常に感謝し、日々、人々の平安を祈り続けてゆけば、心穏かに毎日を過ごせます。
posted by 田村 季山 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

全生活が感謝である人は幸いである

自分の身近にいかなる悪と見え、不幸と見えるような事態が起こっていようとも、自分がこうして生かされていること、そのことそのものが有り難いのだと思える人は、その人の環境からは、悪と見え、不幸と思える事態は、必ず速やかに去ってゆくでありましょう。

悪や不幸に自己の心をとらわれず、自己の生命がそのまま生きている、生かされている、ただそれだけに感謝できる心境の人は、神がそのまま彼の中に生きていいるのであり、輝いているのであり、いずれそれらは消え去って無になっていくでしょう。。

ですから、現実面においての、客観的不幸の姿もやがては消え去ってゆくのです。

ところが、多くの人は、目の前に現われている不幸を心に摑んで放さずに「私は不幸だ、何と言う運の悪さだ、神も仏もない」等と今現われて消え去ろうとする業(カルマ)を、さらにかえってその不幸と見える姿を摑んで消そうとしないばかりか、また新しい不幸な想念を自分の心の中、運命の中に蓄積してゆくのです。
posted by 田村 季山 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

投げかけたものが返ってくる

今日、目の前に起こることを、ひとつひとつ楽しみましょう。
その「楽しむ波動」が次の「もっと楽しいこと」を引き寄せてきます。
この繰り返しが、あなたの生活をつくっているのです。

楽しいことも、人生を好転させるようなパプニングも、すべて今のあなたが基本であり、今のあなたの延長線上にやってきます。
突然どこからか降ってくるように感じても、すべて、あなたの日頃の言動や想い、目には見えないけれども積み重ねてきたことの結果なのです。

楽しいこと、幸せなことを引き寄せようと思うなら、あなたが「楽しい」「幸せ」と同じ振動数になればいいのです。つまりあなたが毎日「楽しい」という波動でいれば、「楽しい」ということがやってくるし、「つまらない」と思っていればつまらないことがやってきます。
多くのものに「愛」を放射していれば、いずれ形を変えてあなたにも「愛」が返ってきます。なんでもかんでも文句をいい、批判し許さない気持ちでいると、同じようにあなたも文句を言われ、批判され許されません。

あらゆるものに感謝しあらゆるものを大きな愛で包み込んで受け入れて赦していくことが大切です。投げかけたものが返ってくる。単純な法則で宇宙は成り立っています。
posted by 田村 季山 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

出会いを出会いたらしめる

人生、必要な人には、必要な時に出会うようになっているものですが、
こちらがはっきりとした目的を持っていることが大切です。

自分はこれを成し遂げたいんだと。そういうものがあって初めて出会いにも意味が生まれてきます。そうでなければ、出会ったとしても、お酒を飲んで終わるくらいの縁にしかならないでしょう。
posted by 田村 季山 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

否定的な言葉を自ら発しないこと

自己嫌悪、自己批判、自己否定、自己破壊・・・私たちはそれらを行うたびに、自らの神性を汚し、自らを低次元に貶(おとし)めています。

自らが心に思うことが現実に現われるのが宇宙の法則ですから、自らを愛せない人に、幸せはなかなか訪れません。

いかなる時、いかなる状況、いかなる関係においても、自らをそのまま受容し、慈しみ、愛し、尊重することです。
posted by 田村 季山 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

普段使っている言葉が人生を支配している

「意識を変えれば人生が変わる」と言いますが、ではどうすれば意識を変えられるのでしょうか?

意識とは何ていうことはありません。私たちが普段何気なく使ってる言葉です。
言葉を意識的に選んで使ってみましょう。一回、二回では無理ですが、数百回、数千回言っていると、そのうち新しい意識が生まれてきます。要するに、心ぐせは言葉ぐせで直すことができるんです。

自分が使っている言葉が、自分の人生を支配するのだということをよく理解し普段使う言葉は愚痴や不平不満、文句などは絶対に言わないで、明るく建設的な積極的な言葉だけ使うようにしましょう。
posted by 田村 季山 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

安心して生きる

いかなる事態が起こっても、病気が来ようが、災難が来ようと、どんなことが起ころうと、心が動揺しない。ああ私は神仏に守られているから、なんでも一番いい立場で現われているんだな、というふうに観念でき、現実を受け止められるようになることが重要です。

そういう境地に立てる人は人間としてかなり完成に近づいているのではないでしょうか。

何につけても、現われた事柄に対して感謝の思いが出て、少しも動揺しなくなったという気持ちになることが大事です。
何かの宗教に入る、信仰をもって、病気が治った、ご利益があった、ただそれだけで、それが有り難いと思っているのなら、それはなんといいますか、取り引きでしょう。

何かよくないことがふりかかっても、これで過去のカルマが少し解消されるんだな、これからは善くなっていくんだなととらえ、恨まず、墜ち込まず、悲しまない。
そのことに意識を向けていつまでもいつまでも引きずられないようにすることが心穏かに生きて行く秘訣です。

今、起こっていることは、今の自分の責任ではないのです。これから、今から未来が良くなっていくように正しく生きて行くようにすればいいのです。
何が起こってもあらゆろもの、あらゆることに感謝して自然に生きていけたら素晴らしいですね。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

輝かしい明るい未来

一年後の自分の姿、五年後、十年後の自分の姿、二十年後の自分は幸せに、多くの優しい人達に囲まれて、愛されて、平安に生きている。
そういう自分の姿を思い描ける人は、心の中に否定的な思想が少ないのです。

明日のことを思っても、十年先のことを思っても、輝かしい自分の人生などはとうてい想像できない、苦しんでいる自分しか思い描かれない。病気になっている姿、孤独になっている姿、みんなから見向きもされない姿しか想像できない。そういう人の心の中(潜在意識)にはそういう否定的な想いが入り込んで、否定的な想いを出す延長線上に自分の未来の姿を垣間見てしまうのです。

そういう未来の自分の、孤独で、誰からも愛されないで、病弱に喘いでいる姿を否定しなければ、現実に今自分が描いた十年先の姿が着実にはっきりと現われてくるのです。知らないうちに自分の心が描いてしまっている未来の姿は、自分が打ち消さない限り必ず現われてきます。引き付けられてきます。あなたが今感じている通りの未来が現われてくるのです。

ですから否定的な暗い想いを否定しないで感情の赴くまま行動していったら、それが完全に現実に現われてくることになります。
さあ、自分の意志でその否定的な映像(想い)をカットして、未来を輝かしい映像に作り変えていきましょう。
そうすると、孤独ではなく大勢の人々から愛され、慕われ、尊敬されながら、安らかに生きていく自分の未来の姿が思い描け実際にそうなっていくのです。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

自我を無くすこと

自分、自分と、エゴを丸出しにし、自我を思い切り出していくと、傷ついていくのは自分です。出る杭は打たれるの如く、自分を出そう、現わし示そうとする人たちはみんな叩かれ、引き抜かれてしまいます。

自分の存在感を打ち出す・・・それは本来、みんなに自分というものを示すことではありません。
自分を無にすることによって始まるのです。自分を無くすことによって、他人を認め他人の中に自分を一体化せしめて、他人の喜びを自分の喜びとし、他人の幸せを自分の幸せとし、他人の成功を心から喜べる自分自身になる。それこそが本当の存在感です。

自分というものが無になる。他人の成功の中に同化し、喜んで他人のために祝福できる。そういう人間になることが一番素晴らしい生き方ではないでしょうか。自分を無にすることによって、自分を他人の中に還元することによって、自分の存在感が広がってゆくのです。

自分自身の心、自我が自分が苦しむ原因です。自我が自分を苦しめ痛め、自分を空しいものにしてゆく。自分、自分、自分と常に自分がある人ほど苦しんでいるのです。苦悩しつづけ悲惨な状態にあるのです。
自分というものを無くしきった時、その人には本当の幸せ、本当の喜び、本当の調和、本当の繁栄がもたらされてくるのです。
posted by 田村 季山 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

今は過去の結果、今悪くてもこれからよくすればいいだけです

今現われてくることはみな、過去の因縁の結果が現われているのです。いいことが現われてくるのは過去の徳が現われて、自分に返って来たのだし、悪いことが現われたのは過去の不徳、徳を積まなかったものが返ってきているのだから、今現われているあらゆることは、今やったことではなくて、過去世から現在に至るまでの業が現われているのです。

それで、今出てきたことを悔やんでもどうしたってしょうがありません。もうすでに前の世から出来ていることですから。だから今、一瞬一瞬いいことを思い、明るいことを思いましょう。よいことをしましょう。それが未来に徳となって現われてきます。今摘んでおく善徳というものは未来に向かって花が開くのです。

今現われたことをとやかく言っても始まりません。いっぺん、仕方ないとあきらめることです。
「思いは実現する」「言葉通りの運命が自分に現われてくる」
サァこれからいいものを創りましょう。この世界は自分が創ってゆくのですから、いいものだけを創りましょう。ただひたすら、ひたむきに、たゆみなく飽きないで、いいことばかり思い、いいことばかり言って、いいことばかりしましょう。
posted by 田村 季山 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

嫉妬するのはやめよう

まず、「嫉妬心を持ったり、それを増幅させたりすることによって、幸福になることはないのだ」ということを知ることが大事です。それを知ったなら、その知識をもとにして、自分の心をコントロールしていくことです。

「嫉妬をしても幸福にはならない。もう嫉妬するのはやめよう。嫉妬を感じるのは、相手がうらやましいからだ。その人をうらやましいと思うわけは、関心のある領域で、自分よりも進んだところにいるからだ」
そういうふうに考えることです。

自分がその人に成り代わることはできないにしても、「その人を理想として、近づいていこう」と思い、「その人の成功を祝福しよう」という気持ちを持つことです。

それによって、私たちは理想に近づいていけます。
ところが、その人を嫉妬して攻撃すると、私たちは理想から遠ざかっていきます。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

周りの状況は心の反映にすぎない

私たちの心の中には、人生は苦しいもの、辛いものだとささやく声があり、その考えを私たちにしつこく刷り込もうとしています。
どうぞ信じてください。人生は気楽なものだと。そうすれば何もかもたちまちシンプルになっていきます。

私たちの周りの状況は私たちの心の状態の反映なのです。いつも自分で人生は苦しくつらいもの、悲しいものと思っている人の人生は自然とそういう辛い苦しみの多い人生になってしまいます。

人生は気楽で楽しいものといつも思ってる人の人生は自然と楽しみや喜びばかり引き寄せ、本当に気楽で楽しい人生になります。
心の底から信じて疑わないようにし毎日、毎日楽しく暮らしましょう。
posted by 田村 季山 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。