2009年08月28日

幸福は、他人を幸福にすることの中にある

自分の利益だけを追求すると、その行為は必然的に因果の法則を動かして、自分の幸福も他人の幸福も破壊してしまいます。
人間の無知が作り出した世界の悲劇を見れば見るほど、永続的幸福は物の豊かさでは作り出せないことがわかります。

幸福は、他人を幸福にすることの中にあります。他人を喜ばせるために、自分の利益や欲望を犠牲にすることの中にあります。もし、誰もがそうすれば、誰もが幸福になり、すべてはうまくゆくでしょう。

イエス・キリストが「何事も、人にしてもらいたいと思うことを人にしなさい」と言ったのはこのことです。
posted by 田村 季山 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

偉大さを得るには孤独が必要

偉大さを得るには孤独が必要です。心の中では自分独りでいましょう。
大勢の人に流されて目的のない人生を送ってはいけません。良い本をもっと読みましょう。私たちが向上するために知らなければならないことは、まだまだたくさんあります。

しかし、ほとんどの人は無益な毎日を過ごしています。偉大な聖賢たちの英知を学び、それを実行しなければ、真の幸福は得られません。いろいろな聖典や真理の書の中に語られている英知は、私たちを助ける為にあるのです。

ですから、時間をむだにせず、たえず新しい感動を求めましょう。ときどき映画を観に行ったり社交的なつき合いに出席するのは結構ですが、自由時間はできるだけ独りになり、内的生活に当てましょう。真の幸福を得るには、瞑想することと、偉大な人たちの本を読んでその思想に学ぶことと、高尚で親切な人たちの中で暮らすことが何よりも大切です。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

自分に与えられた仕事を好きになること

自分が選んだ道、自分に与えられた境遇がたとえどんなものであっても、それを積極的、肯定的に喜んで受け入れていくということが、運を開いていく一番の基本です。

「自分はいい道を選んだな」「いい会社に入ったな」という気持ちでやっていると、仕事にも身が入ります。いつかここから抜け出したいと思ってやっていると、絶対にいい仕事はできません。

若いうちは、自分の好きな仕事は何かと考えるよりも、本当に大事なのは、自分に与えられた仕事を好きになることです。どんな仕事でも好きになってみせるという熱意が、いい仕事をさせるのです。
posted by 田村 季山 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

求める者にだけ求めるモノがやってくる

智恵は、それを求める人たちのところへだけやってきます。
智恵のみならず、すべてのものは、その人が心の奥底から求める者のところへのみやってくるのです。
たとえば、真に健康を求める人でなければ、その人にとりついた病気も退散しないのです。

必要な人も、必要な知識も、必要なお金も、真に必要であり心底求めるのなら必ず求める者のところへもたらされるでしょう。
posted by 田村 季山 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

消極的でマイナスの発想や感情は持たないこと

消極的でマイナスの発想や感情の情念を持つと、カラダが悪くなり「ツキ」も落ちます。怒ること、悲観すること、怖れること、憎むこと、恨むこと、焼きもちをやくこと、煩悩すること、苦悩すること、憂うこと、否定することは絶対ににやめなければなりません。

いつも天に感謝し、世のため人のために尽くすのが人間の正しい生き方です。このような正しい生き方をすると、ナチュラル・ヒーリング・パワーが働き、どのような難病でも快方に向かうものです。
カラダよりも心が主で、心が強ければ、自然とカラダも強くなります。
カラダは心が強くならないと絶対に強くはなりません。
posted by 田村 季山 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

人間観を良書で養う

人間が犯す過ちをすべて経験するには人生は短すぎます。
その立場、立場をすべて経験することができない分、多くの書物を読んでおくことでたくさんの人の心(経験)を知ることが出来、色々な事柄に昔の聖賢たちがどう対処して乗り越えてきたか、予め知ることで、同様の問題に自分が遭遇したときに動揺せず上手に切り抜ける参考になります。

人間観・人生観を磨くためには、自らの仕事に懸命に取り組むことはもちろん、その合間を縫って良書を読むことが非常に重要であると思います。
posted by 田村 季山 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

人生の苦しみや悲しみは自分だけが受けてるんじゃない

「真に意義ある人生を送ろうとするなら、人並みの生き方をしているだけではいけないでしょう。それには、少なくとも人の一倍半は働いて、しかも報酬は、普通の人の二割減くらいでも満足しようという基準を打ち立てることです」
これは、国民教育の師父といわれた森信三先生の「修身教授録」にある言葉です。

このような心構えでお金の多寡にとらわれず、今、目の前に与えられた仕事を不平不満を言わず一生懸命やっていると必ず道は開かれていくでしょう。また、身にふりかかる事柄は、すべてこれを天の命として謹んでお受けするということが、多少のことに動揺せず平常心で暮らす為に私たちにとって最善の人生態度だと思います。
posted by 田村 季山 at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

老後を恐れず、今輝いて生きる

人間は、いつ、どこで、何が起こるかわかりません。その時に悔いを残さないように、一瞬一瞬輝いて生きることこそ大事なのです。老後を心配する前に、今この一瞬一瞬を本当に輝いて生きることです。

お金がどんなにあっても、健康であっても、家族に囲まれていても、いま大地震が起これば全部なくなるかもしれません。何のためにお金を貯めてきたのでしょう。

老後のために、孫にお祝いもあげず、人との会食にも行かず、コツコツ貯めてきたお金も、家も、宝石も全部灰燼に帰すかもしれません。それくらいなら、「過去にもっと人のために尽くしておけばよかった」あるいは「自分を喜ばせるために使えばよかった」と思いませんか。

耐えることのみを自分に選択させるのは間違っています。自分を喜ばせることも大事だし、肉体をていねいに扱うことも大事です。たまには豪華な食事をしたり、旅行にでて、自分の心を違う環境に持っていくことも必要です。

お金は、今、必要とする人のために使いましょう。お金は貯めるより、使うことによって役に立ち、やがて自分にもその報いが返ってきます。だから、今輝いていれば、老後を恐れることはありません。
posted by 田村 季山 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

もっとたびたび感謝しましょう

朝目が覚めた時、一晩やすらかに眠れたことに感謝しましょう。眠れなかった人も、ともかく、寝るだけの寝床を与えられたことを感謝しましょう。そして眠っている間も、心臓を鼓動させ、肺臓を呼吸させ、食物を消化する働きを営んでいて下さった神様に感謝しましょう。そして、今日、また、有り難い働きをさせて下さる「今日」を与えられたことに感謝しましょう。

そして寝床に入る前に、今日一日、神の恵みによって色々のよき物を与えられ、神の智恵によって幸福に一日を過ごさせて頂きました事に感謝しましょう。

このように、何事もない日であっても感謝していると、感謝せずにはおれない善いことが起こったり、小さなことにも幸せが感じられ一生穏かに幸せに過ごせます。
posted by 田村 季山 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

求めよ、さらば与えられん

「既に良いことは与えられている」と信じて、それを感謝するとき、その通りのものが与えられるのです。イエス・キリストは、このことを「汝ら祈りて何事にても求むるとき、既に受けたりと信ぜよ、さらば、汝はこれを得ん」と教えられました。ハッキリ、求める物が既にあることを心に描き得る程度に従ってそれを得ることが出来るのです。

自信をもってハッキリ心に描くことができたなら、それは現実世界に必ず現われて来るのが宇宙の法則です。
だから求める物をハッキリ心に描かせるように、キリストは、常に、必ず求める物は出てくるという自信を得るよう激励の言葉を発しておりました。
posted by 田村 季山 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

磨けば光る

どんな石でも磨けば必ず光ます。きれいに光り輝くダイヤモンドでも、原石のままでは光りません。道端のどんな石でも、磨けば必ず光ります。
自分の心も磨いていれば、いつか必ず輝く日が来るでしょう。
今日があれば明日があります。しかし、明日があるからと言って、今日をおろそかにしたのでは、光り輝く明日は見えてきません。

あせることなく、少しずつでいいから、よい徳を積みながら、自分の周りの人から、「あの人は立派な人だ」と口々に言われるような努力を、惜しみなく続けていきたいですね。
posted by 田村 季山 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

これが人生だと覚悟を決めて生きよ・・・他人も自分も同じようなもの

私たちはさまざまな要素の影響を受けて生きています。仕事がうまく行っていても、健康上の問題を抱えていたり、自分はすべてうまく行ってるのに、子どもがうまく育ってくれない場合もあります。また、他人の不幸に自分が思いがけなく巻き込まれる場合もあります。例えば、自分がうまくいっていても家族が不幸な場合、それは幸せと言えるでしょうか?

つまり、一生の間にも波の高い低いがあるし、ある時点だけとっても、すべてがうまく行っているわけでもないし、すべてがダメというわけでもありません。ですから幸福とか不幸と言っても、何をもってそう言えるのかはわからないということです。

幸福でさえ、心の持ち方では不幸の原因になることもあります。人望があるために、いろいろな仕事を言い付かり、忙しくなって体を壊したなどというのがその例です。

このことは大事です。他人は私たちが思っているほど、あるいは私たちに見えるほど幸せでも不幸でもなく、また自分自身も、長い目で見れば、また大きな視野で見れば、他人と比較してさほど幸せでも不幸でもないのです。
そう思い、これが人生だと覚悟を決めて生きることが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

人の意識にはパワーがある・・・信じれば叶う

人の意識にはパワーがあります。自分の考えた通り、設定した通りにことは起こります。思うということは、自分の意識を込めることです。本当にそうなったら困ることは、思ってはいけません。

反対に、自分が、本音で一番そうなって欲しいと思うことを、遠慮せずに素直に思い描くことです。
「本当はこうしたいけど、まあこれでもいいかな」という思い方より、本音でこうなりたいと思うことを素直に思い描くほうが、たとえ本音の望みのほうが大きなことでもうまくいきます。
posted by 田村 季山 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

独りを慎む(独慎)

心の中で密かに志を抱いて努力して励んでいこうという気持ちを持たない者には輝かしい名誉などは表れてきません。目立たない誰も見ていないところで一生懸命、善行や努力を積み重ねていない者には明らかな功績など表れてきません。

自分が一人だけの時間に何をしているか、それは自分だけが知っているでしょう。その一人だけの時間に自分がどんな思いを持っているか、それがその人の運命を決めていきます。

誰も見ていないときに自分は何をしているか。自分を高めるような勉強をしているか。誰も見てないからと思って、いい加減なことをしていないか。

それが人生、運命を全部決めてしまうのです。独りの時間をどうやって使っているかが人生を決める、運命を決めるということです。
posted by 田村 季山 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

徹しきらなければ人生は発展しない

「徹する」人生はこれに尽きます。
ほとんどの人が中途半端で終わり、徹しません。何をやっても中途半端、一生懸命やっているふりだけという人が圧倒的に多いものです。本当に徹している人は少ないです。
しかし、自分の仕事に本当に徹しきる。これをやらない限り、人生は発展しません。
posted by 田村 季山 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

継続する、徹する

仕事と人生は別のものではありません。充実した仕事が充実した人生をつくります。仕事を通じて得た悟りは人生を深める道でもあります。

仕事に決して手を抜いてはなりません。人生は投じたものしか返ってきません。
成功、不成功は能力ではなく、真剣如何(いかん)であります。
どんな仕事でも、それに徹すれば、その仕事を中心に、無限に広がっていくものです。
posted by 田村 季山 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

よいことだけを思って暮らそう

善いもの、美しいもの、素晴らしいもの、調和や平和などに意識を向けていましょう。悪いもの、醜いもの、貧弱なもの、不調和なもの、争い、いさかいなどに意識をむけないこと。人の欠点を見る癖、アラサガシの癖から離れること。

欠点を見つけ、その欠点をあばき立てたからと言って、それによってその人の欠点がなくなる訳ではありません。何でも認めれば認めるほどハッキリあらわれるのが宇宙の法則です。欠点をみつければ見つけるほど、その欠点は一層大きくあらわれてきます。美点を認めれば認めるほど美点が現われてきます。

悪いものに意識を向けるのではなく、良いものにいつも意識を向けて生活しましょう。すると、いつもいつも良いものだけに囲まれた快適な生活を送れます。
posted by 田村 季山 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

サービス精神が成功の鍵

お金とか、権力とか、名声とか、贅沢とか、利己的なことを心に描いて成就した場合には、多少とも自分を悩ますものが付き添って来るものです。

真に悩みのない生活を送るには、そんな利己的なものを心に描かず、人につくすこと、世につくすこと、どうしたら人のために、また世のためになるかということを考えてサービスをつとめて行くようにすれば、お金も名誉も地位も自然に得られてくるのです。

お金や名前や地位などは目的にすべきものではなく、世のため、人のために尽くした誠が自然に現われた結果でなければならないのです。
posted by 田村 季山 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。