2009年11月30日

自分自身を信頼する

自分を嫌いな人に、ハッピーなことは絶対にやってきません。
前向きなプラスのパワーを集める人にだけ、ハッピーとラッキーは舞い降りてきます。

自分自身を好きになるために、何かを変える必要などありません。
まず、「自分」という素晴らしい存在価値を自分自身で認めましょう。

自己評価の低い人には、良い運はやって来ません。自分自身を高く信頼している人にのみ、大強運はやってきます。
posted by 田村 季山 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

愛や平和に焦点を合わせる・・・悪いことに焦点(注意)を合わせない

あなたが抵抗するものをあなたは引き寄せます。それはあなたが強い感情を伴って、それに焦点を合わせているからです。

あなたが否定的なものに焦点を合わせていたのでは世界を救うことはできません。世界中の否定的な出来事に焦点を合わせると、それをさらに悪化させるだけでなく、あなた自身の人生にも否定的なものを引き寄せてしまいます。

世界の問題に焦点を合わせるのではなく、あなたの注意とエネルギーを信頼、愛、豊かさ、教育、平和などに向けてください。
posted by 田村 季山 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

停滞運を部屋の模様替えで払拭しよう

服装を変えると、性格もかわります。服装もあなたに影響を与えますが、あなたがいつも帰っている部屋の色も、あなたの運を左右します。

あなたは部屋をグレーやモノトーンで揃えていませんか?
モノトーンが好きで、その部屋にいたほうがいいというのなら構いませんが、その部屋に躍動感がなければ、服装でも部屋でもモノトーンは止めた方がいいですよ。

死んでいるような、時間が止まっているような部屋では、生き物は育ちませんし、運も近づきません。
posted by 田村 季山 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

本当になったら嬉しい言葉だけを口にすること

口癖はただの習慣なので、意識すれば簡単に変えることが出来ます。
自分をへこませる言葉、否定する言葉、自信をなくすような言葉、謙遜のあまり必要以上に自分を下げる言葉などを口にしていないか気をつけましょう。

言葉は今のあなたの環境を勝手に決めてしまいます。言ってる本人が一番その言葉に縛られてしまうのです。わざわざ自分の未来を悪い方へ悪い方へ進ませることはやめましょう。

口癖にする言葉は、いつもあなたが喜ぶ言葉、本当になったら嬉しいことばだけにしましょう。
posted by 田村 季山 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

「今度」という言葉があなたを成功から遠ざけている。

「今度」という言葉があなたを成功から遠ざけています。「今度」という言葉を廃止すればあなたの夢は実現します。

「今度」という言葉を無意識のうちに、つい使っていませんか?
「今度、英語を習いに行こうと思ってる」「今度、ぜひお会いしましょう」。「今度」という言葉が、あなたを成功から遠ざけてしまっています。「今度」という言葉を、廃止しましょう。そうすると、具体的な日時に置き換えられるはずです。「今度、ごはんでも食べに行きましょう」ではなく、「来週の土曜、ご飯でも食べに行きましょう」となるのです。
posted by 田村 季山 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

一生懸命するから面白い

自分のやっている仕事が面白くないと言う人がいます。面白くないので、一生懸命やる気が起こりません。「面白い仕事なら、一生懸命やるのに」と言います。でも本当は、逆なのです。面白い仕事だから、一生懸命やるのではありません。一生懸命やるから、面白くなるのです。

どんなに面白い仕事でも、中途半端な気分でやったら、面白くありません。どんなに面白い遊びでも、遊び半分でやったら、面白くありません。面白い遊びを一生懸命するから、面白くなるのです。

何でも一生懸命できる人は幸せです。
posted by 田村 季山 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

執着しないで流れに任せて変化を楽しむ

夢を次々に実現させていく人は、たしかに夢を強く思い描いている部分はありますが、「絶対こうでなくては幸せになれない」という思い方ではなく、「必ずそうなるだろう」という「信念」のような思い方をしているものです。そうなることを当たり前として思考が進んでいるのです。

そして、その夢だけにこだわっていません。「それも幸せのひとつ」というゆるい考え方をしています。もしそれが今実現しなくても、別の方法があるかもしれない、むしろ、そっちの方が自分にとっては良いルートになるだろう、と思っているので、目の前の小さな結果に一喜一憂しないのです。

また、その夢だけに幸せにしてもらおうとは思っていないので、他にも幸せを感じることがたくさんあり、日々他のことにも目が向いているので、夢が一つだけではなく同時進行していることもあります。そのため、「これだけが絶対!」と思い込まないで、過程や結果を流れに任せることができるのです。

流れに任せると執着のない状態になるので、時期さえ来れば、実現しやすくなります。本人にしてみると「気づいてみたら理想の状態になっていた、はじめに思い描いていたことは全部かなっている」と感じるのです。

これをまわりから見ると、考えていることを全部実現できていて恵まれているように見えますが、その人がひとつのことに執着しないで、流れに任せながら思いを描いているからうまくいくのです。

夢の実現を一度楽しくイメージしたら、あとは宇宙の流れに任せてください。「自分にとって必要なことであれば、時期が来れば必ず実現するだろう」と思ってください。そして、目の前にやってくる変化を純粋に楽しんでください。
posted by 田村 季山 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

世の中、不公平だと言っているうちは、努力を怠っている

「世の中、不公平だ」と文句を言っているうちは、夢は実現しません。
「世の中は、平等にうまい具合にできている」と思えるようになって、初めて成功の扉が開き始めるのです。

うまくいくようになったから、平等だと思えるようになるのではありません。
「世の中は、不公平だ」と文句を言っているうちは、自分がうまくいかないのは世の中のせいだと、自分自身の努力をおろそかにしているのです。
posted by 田村 季山 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

同じ事をコツコツくり返すと成功する

成功するためには、たいへんな苦労をしなければならないわけではありません。大変な苦労を一つするよりは、誰でも出来る小さなことを、10個した人が成功するのです。

成功するためには、次から次へと新しいことをする必要があるわけ
ではありません。たくさんの経験を積まなければならないわけでもありません。

新しいことを3つするよりは、同じことでもコツコツと30回繰り返すことのできる人のほうが、成功するのです。
posted by 田村 季山 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

平凡に見える一日にも小さな成功がたくさんある

どうして自分は成功しないのだろうかと、つい考え込んでしまいがちです。でも、それは、あなたがすでに達成している小さな成功に、あなた自身が気付かないだけなのです。

どんなに平凡に見える一日でも、そこには必ず小さな成功があります。
運の強い人というのは、小さな成功を見い出すことができる人なのです。

あなたが今日成し遂げた小さな成功は、何ですか?
小さな成功を見つけて数えると心が満たされ自信が出て成功が成功を呼び込みます。
posted by 田村 季山 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

成功者に定員はありません

夢を実現するということは、誰かと競争することではありません。あなたが成功するために、他人を蹴落とす必要もありませんし、他人より、前に出ることでもないのです。

あなたは、ただ前を見て歩き続ければいいのです。追い越したり、蹴落とさなくても、いつのまにか、人数は減っています。あなたが歩くのをやめなければ、必ず成功します。

成功者に定員はありません。
posted by 田村 季山 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

今日しましょう。今すぐしましょう。

あなたは、今、何かしようとしていますが、それをするのに最高の日は、いつも今日です。最悪の日は、いつも明日です。早くしないと、最高の日は、最悪の日に変わってしまいます。

何もしないで一生を終わる人は、いつも「明日から」「今度」「〜の準備ができてから」となっています。そして結局、何もしないで終わるのです。何か思い立ったら、「明日」とか「今度」しようと延ばさずに、今日しましょう。今すぐしましょう。
posted by 田村 季山 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

心のキイを積極的に

人は同じ事を考える他の念を引き寄せます。成功を思う人は、同じような人の心に同調し、助け合う傾向にあります。失敗ばかり考えている人は、失敗者の心とつながり、足を引っ張り合う傾向にあります。何事も悪く考える人は、物事の悪い面ばかりを見て、自分の考えを証明してくれる人とつながるものです。
何事も良く考える人は、その思いに応じた人や物を引き寄せます。人は自分が探しているものを見出すのです。

私たちは意志の力によって、心のキイを積極的に高めることができることを覚えておく必要があります。
心が積極的に動いていれば、強く、明るく、楽しく、幸せで、自信に溢れ、勇気を感じ、仕事をよくこなし、目標を遂行し、成功への道を進めます。
posted by 田村 季山 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

語る言葉に注意しましょう

「幸運に浴するのは勇者だけ」ということわざがあります。それは人のどんな努力にも当てはまります。「自分は幸運に値しない」とあなたが言い続けていれば、そうなります。

宇宙の法則は言葉通りにとらえ、あなたの言葉を信じます。これが法則の面白いところです。宇宙(法則)はあなたの言葉を信じ、あなたを真剣にとらえるのです。

だから、語る言葉,想いには注意しましょう。
自分は最善のものに値する、自分に値しないものは何もないと言いましょう。強い願望、確信、行動する勇気、それが自分に相応しいものを引き寄せるのです。
posted by 田村 季山 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

よい言葉を使うことに徹する

たとえば、自分のよいところや人生のよいもの、可能性のあるものに対して、「それは私にはできない」「絶対に無理」「そんなことはありえない」「起こるわけかない」「時間がない」「自信がない」といった言葉を使うのをやめましょう。

これらの言葉を言う人は、可能性の芽を自らつんでしまうところがあったり、せっかくのチャンスを棒にふってしまったりします。
言葉というのは、今よい状態で進行している物事までもぶち壊してしまうほどのすごい破壊力を持っていますから、限界や制限を意味する言葉、否定的な言葉を使うことはやめましょう。

良い現実をつくりたいのなら、よい言葉を使うことを徹底しましょう。
posted by 田村 季山 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

「いいこと」が起こることを期待する

何の理由も根拠のなくても、「何かいいことが起こりそうだな」と感じる時は、「期待の法則」によって、期待した通りのものがやってくるようになっています。また、「何かいいことがあって欲しいなぁ、いいことよ、来い来い!」と求める
気持ちがあれば、「牽引の法則」によって求めるものを引き寄せるようになっています。

期待したものが、期待した通りにもたらされるのが「宇宙の法則」なのです。だから、自分がいつも何を期待しているのかをちゃんと知っていることは、とても大切なのです。

たとえば、自分にとってよくないことを期待していると、その通りのことが起こってしまうので、自分の日頃の思考に十分気をつけなければいけません。

だから、いつも、いつも、よいことだけを、起こってもいいことだけを期待していましょう。
posted by 田村 季山 at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

「あたりまえのこと」をバカにしない

開運のためには「笑顔でいる」「あいさつをしっかりする」「ありがとうを使う習慣をつける」「自分が悪いと思ったら{ごめんなさい}と素直に謝る」といった、日常的なあたりまえのことをちゃんとすることが大切です。

そういう話を聞いても、「そんなことで運が良くなったり、幸せになるなら誰も苦労しないよ」と斜に構える人もいます。

しかし、そういった当たり前のことができない人に限って、そういうことを否定するもので、実際、いつも笑顔はなく、怖い顔をしています。あいさつもしないし、ありがとうと言わないし、感じが悪いのです。そして聞いてみると、やっぱり運もよくありません。

あたりまえのことをバカにする人が、あたりまえに幸せになることはないのです。

あたりまえのことは、「出来て当たり前」ですから、それができてない人は、「ちょっと違う」「感じがよくない」と思われてしまったりするわけです。

「感じのいい人である」というだけで、人間関係も、仕事も、お金も、すべてがうまく運ぶようになっているのです。それが「あたりまえのこと」が持つ影響力のなせるワザなのです。
posted by 田村 季山 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

批判し過ぎてはいけない

相手を傷つければ、相手もこちらを傷つけるような言葉で言い返してくるでしょう。他人には寛容に、大らかに接して、多少のことは見て見ぬふりをすることです。他人を批判するのは自分が上に立ちたいからです。人間関係にも作用反作用の法則があり、こちらが批判すると、相手も反発して批判し返してくるものです。

しかし、こちらが目をつぶってやれば、相手もちょっとしたことには目をつぶってくれます。ですから人間関係がぎすぎすしなくなり、穏かな関係を保てます。

中国・明時代の処世哲学書である「菜根譚」に、他人のちょっとした間違いを責めてはいけない。他人が隠しておきたいことをばらしてはいけない。他人が過去に犯した失敗を思い出してはいけない。と述べています。

同じようなことは「法句経」にも述べられています。
ひとを傷つける言葉を言うことなかれ言われし者は、必ず言い返す
怒りを含む言葉は苦痛を与えその報いは必ずわが身に至る
お釈迦様は「相手を傷つけるような言葉を発すれば、相手もこちらの心を傷つけるようなことばで言い返す。その結果、必ず悪いことが起こる」と教えているのです。

とくに人間関係であまりに潔癖にならないこと、相手の欠点や言葉に鈍感であるということは非常に大事です。
posted by 田村 季山 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

努力しなくていい

多くの偉人・聖賢たち、悟りを開いた人たちが、最後には、「ありのまま、そのままの自分でよい。無理をする必要はない。自然に身を任せることこそがよい」と述べられておられます。

無理をして立派な人間になろうとか、努力して心を鍛えようなどとしない方がよいのかもしれません。ありのままの自分、そのままの自分でいいのです。無理に変えようとすると苦しみを増やす結果になってしまいます。
posted by 田村 季山 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。