2009年12月28日

良いところは真似をしましょう

「接遇」で有名な平林都先生は他の店、他の企業では聞けないような言葉を使い、お客様にまた足を運んでいただくこと。それが接遇ですといつも仰っておられます。

たとえば、お客様がいらっしゃったとき、
「いらっしゃいませ」ではなくて、「ようこそお越しくださいました」
お客様からご用命を受けたとき、
「はい、わかりました」ではなくて、「〜でございますね。ありがとうございます」
以前にもお見えになったお客様がいらっしゃったとき、
「いつもお世話になってます」ではなくて、「いつもお世話になっております」
お客様がお帰りになるとき、
「ありがとうございました」ではなくて、「またのお越しをお待ち申しております」
お客様の貴重な時間をいただくとき、
「すみません」ではなくて、「申し訳ございません」
お客様をお待たせするとき、
「ちょっと待ってください」ではなくて、「少々お待ちくださいませ」
お客様をお待たせしたとき、
「お待たせしました」ではなくて、「お待たせ致しました」
お客様に呼びかけるとき、
「あのー、すみません」ではなくて、「恐れ入ります」
イスに座るとき、部屋に入るとき、車のドアを閉めるときなど、
「失礼します」ではなくて、「失礼致します」
「〜もお願いします」とお客様に追加で用命、注文されたとき、
「〜もですね。少々お待ちください」ではなくて、「かしこまりました」

ちょっとした言葉遣いの違いに過ぎませんがお客様に与える印象は絶大です。繰り返し練習し体に染み込ませることが肝要です。
言葉遣いで好印象をもたれるように心がけましょう。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

広げるのではなく、充実させる

人生、何でも、細かい努力がだいじです。うまくいっている会社やお店は、常に細かい努力、微差を追求しています。
さらに言うと、今の時代は、「大きくしよう」と思ったところがつぶれます。

これからは、「大きくしない」つもりのところが、大きくなります。
どういうことかと言いますと、今すでに、お客さんがいるのです。その人たちが絶対に満足するものを出せばいいのです。商売は、広げようとしてはいけません。それよりは、「充実させるのです」

今、来てくれているお客さんが「楽しくてしょうがない」と思うようなことをするのです。今、来てくれている人が楽しむことをいつも考えて実行すれば、お客さんは絶対に増えます。だから、今、自分の目の前にいる人を喜ばせてください。

新規のお客さんを獲得することばかり考えるのではなく、今、来てくれているお客さんを一生懸命楽しませましょう。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

いつでも幸せになれる

しあわせって、幸せの基準を下げることができたら、しあわせなんです。
あなたの一番のしあわせって何ですか?
「そりゃあ、毎日三度三度ご飯が食べられることですよ」
「温かい布団で寝起きできることです」
「自分の足で歩くことができ、口からご飯が食べられて、目が見え、耳が聞こることですよ」って言ったとしたら、その人はしあわせなんです。

そういうふうに、しあわせって、「どう考えたら、自分はしあわせか」を考えればいいんです。
誰でも、たいていは、本当は幸せなんです。世の中には今日の食事もない人、自分で歩けない人、目が見えない人、耳が聞こえない人がたくさんいるんです。
posted by 田村 季山 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

捉え方次第、解釈次第で一生幸せ

あの人のまわりにはいつも楽しそうなことがあるみたい。いつも面白そうなことばかり起こっているみたい。と思っていても、よくよく聞いてみると、起こっていること自体は、自分と大差なかったりします。

その人がそれをどう捉えるか、どんなふうにまわりに話しているかで、すべてはきまります。今の状況を楽しめない人は、どんな状況になっても、楽しさはやってきません。
posted by 田村 季山 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

一度強く願望をイメージしたら頭から出して置く

人は、絶対にそうなると決まっていることは心配しません。
例えば、通販で欲しいものを一度注文したら、それが本当に届くのか届かないのか心配しません。時間が来れば必ず送られてくるとわかっているからです。来ることが当たり前だから考えもしません。考えないから心配もしません。心配しないから、心の中にマイナスがたまりません。

今のあなたが叶えたいことも、これと同じように思い描けば、叶えたいことは現実になります。一度強くイメージしたら、余計なことは心配しないこと。あとは安心して、目の前のことをしていれば、忘れた頃にきっと願いは現実になっています。
posted by 田村 季山 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

身の回りに起こることは全部、自分にとっての情報

身の回りに起こることは全部、自分にとっての情報です。なんだか気になること、ふと感じること、心に残ること。自分がどのように感じるか、何だか好きか、何だか気が乗らないか、その感じ方すら、意味があるから思いついています。

嫌だなぁ、と思うことを頑張って強いることはありません。
なにかを選ぶとき、どちらかに決めるときは、すべて自分の本音の感じ方で選んで間違いありません。自分の本音に素直になりましょう。感じたままに判断しましょう。「なんとなく」という感じ方も直感です。

直感に従って動くとうまくいくようになっています。
良くないことが起こるのは、自分が間違っている方向に向かっていることを知らせる、天(宇宙)からのお知らせです。
posted by 田村 季山 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

想いが現実に現われて来る

あなたが毎日考えていることは、「思いの型」になって固まります。そして、その型どおりの人生がやってきます。いつも、いつも考えていることがそのまま型になって固まります。

いつも「うれしい、嬉しい」と思っている人の型はうれしいことの起こる型。いつも何かを心配している人は、「そんなに心配したいのか・・」というように、心配することが与えられます。

あなたの思った通りのことが叶えられるようになっています。
自分がなりたい姿を具体的に映画のワンシーンのように思い浮かべて、同じ映像を固定させましょう。いつもいつも想って固定させていると、現実の世界にも動きが出てきてやがて想っていたとおりになります。

思いが現実を創り、人生を決めている。
posted by 田村 季山 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

簡単なことで回数をこなす

一発逆転の難しいことはしないことです。
常日頃の努力をするためには、回数が勝負です。コツコツ回数をこなすためには、できるだけ簡単なことをやればいいのです。難しいことをする必要はありません。

なかなか回数をこなせない人は、ダイエットでも、貯蓄でも、仕事でも、健康法でも難しいことをやろうとしています。健康法でしくじる人は、極端なことをやって続かないのです。ダイエットでも、一切食べないで痩せようとする人です。

「ケーキを一生食べません」と言っていた人に限って、うまくいかないとドカ食いしてしまうのです。
posted by 田村 季山 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

人生なりたい自分になるのに遅すぎるということはない

良いことを想えば良いことが起き、悪いことを想えば悪い方へ向かいます。その様に振る舞っていると、間違いなくそのような人間になっていきます。

お金で幸せを買うことはできませんが、不幸を防げることもあります。
お金は夢に到達するための単なる一手段であって、それ自体が目的ではありません。お金がないから何もできないという人間は、お金があっても何もできません。目的を履き違えた時に、人生に大きな狂いが生じます。手段の先にある夢、人生は自己責任、何をどうしたいのかが問われます。
posted by 田村 季山 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

どうでもいいことにいちいち惑わされない

どうでもいいことにいちいち惑わされて、心の平静を失うほど意味ないことはありません。今の人生で人間としての時間は一応限られているものですから、余計なことでイライラしている暇はありません。もっと、あなたが楽しいと思えること、考えてワクワクする夢に時間を使いましょう。

思わずイライラしそうになったとき、一拍おいて、「これは自分の人生に影響あるかな?」と考えてみてください。自分の人生がひっくり返されそうなことだけに反応すればいいのです。「こういうときこそ平常心、どうでもいいことだ」と思い、一瞬はムッとしても、「あ、今のはナシ」と思えばいいのです。

運のいい人は小さなことにいちいち動じません。心の平静を乱すものが少ないので、いつも自分の意識を明るい方へ集中させています。
大きな開運アクションをするよりも、日々の小さなイライラをなくす方が流れはずっと良くなります。
posted by 田村 季山 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

不快なものに意識を向けない

まわりの人が感じているストレスは、あなたのものではないので、それに影響を受ける必要はありません。

はっきりと意識からシャットアウトしてください。
他人のストレスを、自分の物として受け取らないようにしてください。他人の不満や悪口にも同調しないでください。あなたまで染まってしまうような不満のエネルギーを持っている人には、できるだけ近づかないでください。

接することはあっても、そこで受けたストレスを後まで引きずって深く考えないようにしましょう。
posted by 田村 季山 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

変化は宇宙からの情報

あなたが夢を描き夢のことをイメージし始めると、今のあなたに足りない必要なこと、勉強しなくてはいけないことが集まり、逆にその夢にふさわしくない考え方や行いを見直させられるようなことが起こります。

変化は、あなたがその夢にふさわしくなるようにやってきてくれるもので、これこそ、夢の実現への一歩なのです。ですから、そのような変化が起こったときには、流れに身を任せてみましょう。

変化は、あなたを外側から変えてくれる宇宙からの情報です。
その状況を通して、あなたが自然に変わっていけるように用意されたものです。この変化を自分の内側から起こそうとしたら、大変な努力が必要です。誰も長年の言動の癖や思い込みがあるので、自分を改善するのには時間がかかるし、夢に何が足りないのかも自分ではなかなか気づかないものです。変化は、それを変えさせてくれる有難い出来事なのです。

あなたが「夢を実現させたい」という波動を出し続けている限り、そこに集まってくるものはみんな、あなたの夢を助けるために必要なものなのです。
posted by 田村 季山 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

そのままそこが進撃の姿勢

私たちは倒れた時、その倒れた姿勢そのままが次の進撃の姿勢になるのです。それは柔道でも剣道でも世の中でも同じことです。倒れたら倒れた位置を利用して、それが却って敵手を打ち倒す有利な姿勢となるのです。こちらが倒れたとき、敵手の下半身は防御がなくなっています。倒れた方のこっちは、手のほかに足が自由になっています。こちらの足で相手の防御のない下半身の急所を蹴上げることもできるでしょう。倒れたときには倒れなかったら得られないような有利な位置にあるのです。

「今ある位置を完全に利用することが処世の極意」です。

「今」を見逃したら機会はありません。「もっと好い機会が来たら起き上がろう、こんな倒れたときには、起き上がれるものではない」と考えるのは間違っています。

どんな逆境でも、失敗でも、不幸でも、それが私たちを一層成長させるチャンスなのです。今、そこで与えられているものすべてを有難く感謝して受けるのです。感謝して受け入れたとき、その場に私たちの魂が落ち着くことができ、そうして最初の足場ができるのです。悪い状況に置かれたとき、感謝することなく、ああでもない、こうでもないとうろたえるのが一番いけません。うろたえていると最初の足場ができません。そこにどっしりした魂が落ち着いてから、私たちは「光」の方向へ向き変われるのです。これがよくない状況、失敗した者が再び起き上がる最初の心構えなのです。
posted by 田村 季山 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

愛を与えれば愛が還ってくる

この世界には愛が満ち充ちています。愛はは円環しています。与えればまた自分に返ってくるのです。「私は誰からも愛されて幸福です」というような人は、必ず人々に対して愛を持ち、人に親切を尽くす人に相違ありません。

「私は人に愛されないからつまらない」という人はきっと、自分が人に対して親切でなく、人を愛してない人です。

人を愛する人には、人々の顔が常に自分にほほ笑みをたたえて祝福してくれているように見えます。自然を愛する人には自然が優しく自分に話しかけてくれるように感じられ、自然が愛の微笑みを自分に送ってくれるように感じられるものなのです。

この世は、投げかけたものと同様なものが自分に返ってくるようになっています。いつも、いつも善いものだけを投げかけましょう。
posted by 田村 季山 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

決心すると「エネルギーの向き」が定まる

すべての物事は、あなたが決心するまで、その状態から動くことはなく、決心することによって、方向が定まり、形になっていきます。

なぜなら、決心すると、エネルギー設定がなされるからです。その決心したことのエネルギーに沿うように、現象がつくられていくようになっているのです。逆に、あなたが、「どうしようかなぁ」とか、「どちらに進めばいいのかわからない・・・」と悩み続けていたり、どうしたいのかを決めかねていたりすると、なんの代わりばえもしない”そのままの現実”が、延々と続くだけになってしまうのです。

たとえば、ラジオを聴こうとしているときに、聴く番組を「どれにしよう、どれにしよう」と迷っているうちは、ダイヤルをぐるぐるまわしているだけで、なにも聴くことはできません。でも、いったん「FM東京にしよう!」と決めれば、その周波数をキャッチするところにダイヤルをピタッと合わせることができ、そこから美しい音楽になり、素敵なトークなどが聴けるようになるのです。それと同じことなのです。

このように、決心することによって、欲しい現実は簡単に手に入れるようになります。

「そうは言っても、なかなか決心できない。だから、ずっと悩んでいるんだ」と、おっしゃる方もいるでしょうが、そういうときも、その悶々とした状況をいったん断ち切るために、「今はどちらかに決めることをやめよう」と決心することもできるわけです。
posted by 田村 季山 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

誰にでもできるけど、誰もやろうとしないことをすると成功する

成功した人を見て「あんなことは、誰でもできる」と言う人がいます。そうです。成功は、誰にもできないことをすることではありません。成功は、誰にでもできることをすることなのです。

誰にでも出来ることなのに、しようとする人としない人がいるのです。
「誰にでもできる」と陰口を言う人に聞いてみましょう。「では、あなたは、それをしようとしましたか?」。成功できない人は「できる」と言いながら、永遠にしない人なのです。
posted by 田村 季山 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

心の用い方次第で運命、人生は良くも悪くもなる

人の人生は、心の用い方を良くしたり悪くしたりすることによって、良くもなり悪くもなります。

もっとわかり易くいえば、私たちの肉体はもちろん、精神も、一切の広い意味における人生の事柄を、心の運用いかんによって、決定することができるのです。

つまり、人間の心で行う思考は、人生の一切を創るのです。
心の思考作用と、宇宙を司る宇宙本体の創造作用・・・物を産み出す力・・・とは、別々に分かれているのではなく、本質的に、一つのものなのです。

人間というものは、人間自身の心の中の思わせ方、考えさせ方が、自分の生命の全体を、強くも、弱くもするのです。

人間の心に、何かの観念が出ると、その観念の型の通りに宇宙本体から微妙な力が働き出し、その観念の型が、良ければ良いように、悪ければ悪いように、・・・わかりやすく言えば、思い方や考え方が積極的であれば、積極的なものが出来、消極的であれば消極的なものがでます。

人生の一切は、健康であろうと運命であろうと、肉体も、心も、また環境も、すべてが人の心によって創られているのですから、人生を素晴らしいものにしたいのならば、心をいつも明るく積極的な建設的な健康的なものに向けていることがとても大事です。
posted by 田村 季山 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

自分が既に持っているものに感謝

自分が既に持っているものに対して感謝し始めると更に良いものを引き寄せます。もっと感謝したくなるような更によいものがやってくるのです。

あなたは辺りを見回して「まだ、いい車を持っていない、いい家がない、いい配偶者に恵まれていない、健康ではない」などと不満をもらしているかもしれません。そのような発言はすぐやめましょう。それらはすべて不満ばかりです。ないものねだりをやめて、既に自分が持っているもので感謝できるものに焦点を合わせてください。

たとえば本を読むための目や、今着ている服だっていいのです。
あなたはもっと違うものが欲しいのかもしれません。そんな時にも、とにかく、今持っているものに感謝し始めれば、欲しいものは何でも手に入れることができるのです。

感謝の気持ちを持たなければ、他の面での生き方は正しくても、いつまでも貧しいままでいるでしょう。
posted by 田村 季山 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

「悩み」「苦しみ」をゼロにする方法

色々なことが「思い通りにならない」ことばかりで、「悩み」「苦しみ」になっています。しかし、「思い通りにならない」ことが「悩み」「苦しみ」を生んでいるということがわかったら、「悩み」「苦しみ」をなくすことは、そんなに難しいことではありません。

「悩み」「苦しみ」をなくす方法は、「思いを持たない」ことです。
「悩み」や「苦しみ」を少なくしたい人は、夢や希望を含めて「思い通りにしたい」という「思い」をやめることです。

まわりを取り囲んでいる状況や環境を変えよう、自分の思いどおりにしよう、自分に好ましいものにすべてを作り変えよう、というのは到底無理な話です。自分のまわりのこと、人、ものを、すべて自分の気に入るようにするのは、無理なのです。

もっと簡単に「悩み」「苦しみ」をゼロにする方法があります。
それは「自分が変わること」。「感じない」「気にしない」自分を作り上げてしまうのです。

「バカじゃないの?」と言われて、ニッコリ笑って、「そうなんです。私、本当はバカだったんです」と言うことができたら、どこにも「悩み」「苦しみ」が生じません。受け入れてしまうのです。

子供が不登校になった。それで「悩み」「苦しむ」親御さんが少なくないのですが、それを受け入れるのです。そうした心をつくっていくうちに、「気にしない」という心よりは、「気にならない」心のほうがラク、ということに気がつくでしょう。

悩み・苦しみがゼロになるということは、「気にならない」こととイコールなのです。あれこれ評価、評論せず、その状況、やるハメになったことをする、頼まれて時間があったら引き受ける、という淡々とした生き方をしていると、いつの間にか「悩み・苦しみがゼロ」になっている自分に、気がつくことでしょう。
posted by 田村 季山 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。