2008年10月13日

人生の価値を見出す

人生が無常であり、縁起の理法につらぬかれていることを知ることは、生きる知恵です。この生きる知恵をつかめば幸せは手中に入ります。

「法句経」のなかに「もし人寿百歳なるも、最上の法を見ざれば、一日生きて最上の法を見るに如かず」とあります。
百歳まで生きても、利を追い、権力を放さず、すべてを貪っている限り、苦を積み上げているようなものです。

苦しむために一生を費やしていてよいのでしょうか。もっと執着を離れて、明日のこと、不幸な人のこと、苦しんでいる人々のことを考え、役に立ってあげられないでしょうか。
posted by 田村 季山 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。