2008年10月27日

良い本、よい話にだけふれよう

よいことばかり、嬉しいことばかりを、心の花園で育てましょう。
心の庭には、嬉しい花を植えましょう。悲しい心は雑草ですから、抜き捨てましょう。腹の立つのも雑草ですから抜き捨てましょう。楽しい思い出だけを残しておきましょう。

常に、自分を嬉しい者だ、幸福な者だと考えましょう。自分を可哀そうな者だと思ってはなりません。人間は思った通りになるのですから、自分を幸福な者だと考えたら幸福になります。

常に、自分は幸福だ。今までどんなことがあったにしても、もう幸福になるより仕方がないと信じましょう。

つまらない本を読んだり、話を聞いたりすると、心の中につまらない事がらを詰め込みますから、一、二年と経つうちに、あなたはつまらない人間になってしまいます。

毎日十ページでもよい本を読めば、あなたの心に毎日良い事が詰め込まれますから、一年、二年と経つうちには、あなたはきっと立派な人間になっています。
posted by 田村 季山 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。