2008年11月12日

人生の極意は毎日一つ好きなことをする

人間、いつ死ぬかわかりません。つまり人生、一寸先は闇。だからこそ明日をアテにしないで、「今日」を全力で生きることが大切になります。

それは、「いま目の前にあることに集中せよ」ということです。

「明日があるサ」と言っているうちにポックリ寿命が尽きてしまうことだってあります。そして、あなたが、この世に生きた証は何一つ残りません。

人間はいくらジタバタしてもなるようにしかなりません。だからその日その日を精いっぱい生きるしかありません。

デール・カーネギーも「一日を大切にせよ。その差が人生の差につながる」と言っています。

そうです、「一日一好」。一日に一つだけ自分の好きなことをやってみたらどうでしょうか。毎日やればいっぱいになります。そしてそれが好きな人生を送ることになります。
posted by 田村 季山 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。