2008年12月12日

充実感

最高の財産とは「充実感である」とお釈迦様は言われたそうです。

たとえば毎月の給料明細表を見て、「全然足りないな〜」と思ったら充実感はもてません。逆に、金額的にはほんのわずかでも、自分が得たものに「ああ、よかった」という気持ちがもてるならば、その気持ちこそが財産なのです。

私たちが今得ているもの、入手できる範囲のものから充実感を得ていくこと、足るを知ることは「生きるワザ」なのです。
充実感をもてないと、その時点で苦しくなるし、貧しい気分になってしまいます。いくらお金があっても、この「充実感を得るワザ」が身につかない限り、一生貧乏な気分で生きていかなければなりません。
長者番付に入るほどのお金持ちでも、充実感が得られなければ貧しい気分になってしまうのです。
たとえボランティアからもらったごはんを食べている人でも、「ああ、よかった。おいしかった」と言う気分になるとき、その人はとても充実感を得ています。その瞬間に貧しい気分がなくなってしまいます。

だから、常に、「ああ、よかった」という気分でいれば、貧困な思考は消えてしまって、明るく生きられます。「もっとお金が欲しい」「もっとお金儲けがしたい」と思ったとたんに、人の心は瞬く間に暗くなってしまいます。
幸福になる秘訣は充実感にあるのです。
posted by 田村 季山 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。