2008年12月14日

「よいこと」をしましょう

「よいこと」とは、「自分が喜び、他人も喜ぶ」行いです。そして、「あとで後悔しない」ことです。
「悪いこと」とは、「自分が苦しみ、他人も苦しむ」ことです。
そして「あとで後悔する」ことです。

だから行動を起こす前に、その行動によって、わずかでもあとで後悔することになると思うならば、そういう行動はやめましょう。
結果もよくて、あとで思い出したときもよかったと思える行動をすることです。

「よいこと」をすれば、「よい結果」がでます。これには例外がありません。
「そこそこの結果」しかないというのは、「そこそこのこと」しかしていないからです。
よい結果を得るために、よいことをしようとする人がいます。それは、取引や投資のようなものです。
よい結果がでなければ、そういう人は不満や怒りがでて心は汚れていきます。よいことをする目的は、よい結果を得るためではなく「心を浄めるため」なのです。

しようと思えばできるよいことは、身のまわりにたくさんあります。
よいことをする機会は、いつどこにでもあることがわかります。
まず、「よいことをしよう」と心に決めることです。
posted by 田村 季山 at 04:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.adflash.org

要するに寝てるだけでおーけ!広○似で激カワだったんだ
Posted by フェチ at 2010年11月03日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。