2008年12月20日

人生の達人になるための条件

「真理を語ること。怒らないこと。頼まれたら少しでも助けてあげること。
この三つを実践する人は、神々の世界に行くだろう」と、法句経にあります。

まず、真理を語ることです。決して嘘をつかず、事実をねじ曲げずに語ることです。そうした方が人生は楽です。

二つ目は怒らないことです。怒りを自分で管理できるようになったら、人生の達人と言ってもよいでしょう。とにかく怒りは禁物です。

三つ目は人に頼まれたことは、ほんの少しでもやってあげるということです。自分にできる範囲のことは少しでも実践することです。

このように、事実を語る。怒らないようにする。人から何かを頼まれたら、それを少しでもやってあげる。この三つが、いい人間になるための条件です。

「そういう人は神々の世界に行くだろう」とは、立派な人間になりますよ、という意味です。
三つの条件の中で特に難しいのは、自分自身の力で怒りをコントロールすることです。幸せになりたければ、怒りを管理しなければなりません。

人間は怒りを管理できれば、必ず幸せになれます。
posted by 田村 季山 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。