2009年01月25日

払えることに感謝する

家賃を払い、電気代や水道代を払い、健康保険代を払い・・・毎月毎月、さまざまな支払いがあります。

支払いをする時、あなたはどんな顔をしていますか?
「少しぐらい支払いが遅れても大丈夫」と考えて、電気代や家賃を滞納したり、税金や保険料など督促がくるまで払わない人がいるかもしれません。

払うべきものを払わないでいると、流れを止めることになります。自分に必要な情報が入ってこないなど、お金の流れを滞らせると、自分に入ってくるべきものが入ってこなくなります。

「また、お金が出て行くのか」と言うのは、文句を言っているのと同じです。
支払わなければならないものがあったときは、「支払えるお金があって、よかった」と、今あるお金に感謝して、喜んで支払いましょう。経済的に苦しいときは、なかなか言えないセリフかもしれませんが、これが言えたとき、お金は必要なとき、必要なだけ入ってくるようになります。

財布に千円しかないときでも、「千円しかないや」ではなく、「千円あってよかった」、一万円貯金できたときは、「一万円しか貯金できなかった」ではなく、「一万円も貯金できてよかった」。これを口ぐせにしていると、お金は自然に増えていきます。
posted by 田村 季山 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。