2009年03月16日

まねる人を持つ

「学ぶ」とはまねることです。できる人を真似ることです。
そうすると、はやくそのレベルに達することができます。

観察稽古、見取り稽古は、あることの成長をねらい学習する人にとって、見過ごしてはならない、最良の方法です。

自己流で試行錯誤を繰り返すのは、あまりにも時間がかかりすぎます。
できる人を真似ると、はやくそのレベルに達することができます。このことの重要さを自覚しましょう。

そのモデル探しを怠ってはいられません。
ところで、他人から学ぼうとするのは、その人を信頼し、尊敬しているからです。
そのような目標となる人をはやく探しだしましょう。それが先決です。
posted by 田村 季山 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。