2009年04月24日

寝る前に今日一日のよいことを思い出す

毎晩寝る前に、三分くらいでかまいません、きょう一日を振り返ってみて、よかったこと、うれしかったこと、感動したことをできるだけたくさん書き出してみてください。時計を見て、三分を越えないようにします。

反省ではありません。ここでは反省はしないこと。
「今日、きれいな花を見てよかった、今日は元気で過ごせてよかった。やろうと思ったことがやれてよかった、天気が良くて気持ちがよかった、夕食がおいしかった」。

なんでもいいですから、そういうことを書きつけてください。
一ヶ月くらい書いたら、書いたものを見てください。不思議な発見をします。

それには、自分にとってよかったことや、うれしかったことがいっぱい書いてありますが、「なんと平凡なことが書いてあるな〜」ということに気づくでしょう。それと同時に、これを一ヶ月続けると、必ず効果が出てきます。それは、自分がとても生きやすくなっているということです。何だか毎日を良い気分で過ごせるようになったと感じるはずです。

これを続けていくと、本当に自分の中にあった素晴らしい力、至福に至る力が、毎日湧き出してくるようになります。
悪いことは一切書かず、よいことだけ。「今日は雨が降らなくてよかった」ではなく「「今日はお天気でよかった」と全部肯定文で書いてください。否定の言葉は入れないこと。それが原則です。
posted by 田村 季山 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117988586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。