2009年06月07日

前年、前々年とだけ比べない

人間、欲を言えばきりがありません。「もっともっと欲しい病」に罹るだけです。
どんなに不況だといっても、日本は巷に餓死者がゴロゴロ転がっている状態ではありません。「百年に一度の不況」という言葉だって単なる「枕詞(まくらことば)」にすぎません。

今から六十数年前、日本中が焼け野原になって、みんな食べる物もなく、さまよっていた頃と比べると、不満を言えばきりがありませんが、多くの人が衣食住に満たされ、少なからずお金を持っている現状は天国のようなものでしょう。

職がないと言っている人たちも、「給料が安い」とか「自分には向いていない」などと、わがままを言う。下手な見栄やプライドを捨てれば、仕事はいくらでもあるのです。世界には、職どころか、食べるものもなく死んでいく人たちが何億人もいるのだということを忘れないでいただきたい。


posted by 田村 季山 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。