2009年06月22日

自他ともに赦し、あらゆることは消えゆくものとして捉われないこと

この世の中の全ての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤った想念、行いが、その運命に現われて消化されていく時に起こる姿であるといわれます。

どんな苦悩であっても現われれば必ず消えていくものであるから、消え去るものであるという強い信念と、今からよくなるのであるという想いを起こし、どんな苦難、困難の中にあっても、自分を赦(ゆる)し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真(まこと)と赦しの言行をし続けていくと共に、すべてのこと、モノ、人に常に感謝し、日々、人々の平安を祈り続けてゆけば、心穏かに毎日を過ごせます。
posted by 田村 季山 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121974879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。