2009年07月24日

足ることを知り、安らぎの人生を送る

人より偉くなりたい、良い服が着たい、うまい物を食べたい、環境の整った立派な家に住みたい、子供を有名校へ入れたい、数えあげればきりがない欲望の泥沼。

足ることを悟っているならば心に自制が生まれてきますが、逆へ行く人が非常に多いものです。その結果、彼らは欲望の奴隷となって安らぎの生活を得ることができなくなります。
自分の立身出世のためなら、同じ仲間に対しても平気で不義理をし、上司に認められたい為に、自分の心を偽り、下僕のような封建社会さながらの態度をとります。

地位や名誉や金銭が、人生を豊かにするものでしょうか?我欲が出れば、平穏な生活はおろか、己を亡ぼす場合もあります。
人間は偽りのない生活の中にこそ正しい心の芽が出て足ることを知り、安らぎの人生を送ることができるのです。虚栄や欲望におぼれてはなりません。

与えられた環境の中で、勤勉に努力して生きていけば、心の不安も消え、安らぎの環境を作り出していけるのです。
posted by 田村 季山 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124141734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。