2009年08月21日

人間観を良書で養う

人間が犯す過ちをすべて経験するには人生は短すぎます。
その立場、立場をすべて経験することができない分、多くの書物を読んでおくことでたくさんの人の心(経験)を知ることが出来、色々な事柄に昔の聖賢たちがどう対処して乗り越えてきたか、予め知ることで、同様の問題に自分が遭遇したときに動揺せず上手に切り抜ける参考になります。

人間観・人生観を磨くためには、自らの仕事に懸命に取り組むことはもちろん、その合間を縫って良書を読むことが非常に重要であると思います。
posted by 田村 季山 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126141697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。