2009年09月18日

感謝は返謝して完成する


感謝というのは、ありがたいと心で思うだけではなくて、ありがたいと思ったことを、人にも同じ喜びを与えて初めて感謝が完成するものです。つまり「返謝」(造語です)することが大切なのです。
「感謝、感謝」と言って人からたくさん与えられるばかりだと、ありがたいと人々に返すことができなくなります。もらうことに慣れてしまうことがあるからです。

「有り難い」と思ったら必ず返すことです。同じ喜びを人に与えること。優しさや智恵や助けをもらったら必ず返すことです。返謝で感謝が完成するのです。

「ありがとうを言ってもらう側に立つ」方が難しいのです。そこに立つとあなたは輝き始めるでしょう。もらった同じ喜びを人に与える。優しさや智恵や助けをもらったら必ず返すことです。「必ず」です。
posted by 田村 季山 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128292076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。