2009年10月26日

いい加減に生きることが大切

幸福の多寡は、個人の感度が決めます。鈍感さによって不幸をさして辛いと思わない人は、一見徳をしているようにも見えますが、幸福を感じ取る敏感さもないでしょう。幸福も不幸も拡大解釈できる人は、鋭敏過ぎて病気になることもあるでしょう。

何ごともほどほど、いい加減に生きることが大切で、何か自分の身に降りかかってきても、自分はその程度の人間だと思っていれば何も心配する必要はありません。
posted by 田村 季山 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131182111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。