2009年11月19日

執着しないで流れに任せて変化を楽しむ

夢を次々に実現させていく人は、たしかに夢を強く思い描いている部分はありますが、「絶対こうでなくては幸せになれない」という思い方ではなく、「必ずそうなるだろう」という「信念」のような思い方をしているものです。そうなることを当たり前として思考が進んでいるのです。

そして、その夢だけにこだわっていません。「それも幸せのひとつ」というゆるい考え方をしています。もしそれが今実現しなくても、別の方法があるかもしれない、むしろ、そっちの方が自分にとっては良いルートになるだろう、と思っているので、目の前の小さな結果に一喜一憂しないのです。

また、その夢だけに幸せにしてもらおうとは思っていないので、他にも幸せを感じることがたくさんあり、日々他のことにも目が向いているので、夢が一つだけではなく同時進行していることもあります。そのため、「これだけが絶対!」と思い込まないで、過程や結果を流れに任せることができるのです。

流れに任せると執着のない状態になるので、時期さえ来れば、実現しやすくなります。本人にしてみると「気づいてみたら理想の状態になっていた、はじめに思い描いていたことは全部かなっている」と感じるのです。

これをまわりから見ると、考えていることを全部実現できていて恵まれているように見えますが、その人がひとつのことに執着しないで、流れに任せながら思いを描いているからうまくいくのです。

夢の実現を一度楽しくイメージしたら、あとは宇宙の流れに任せてください。「自分にとって必要なことであれば、時期が来れば必ず実現するだろう」と思ってください。そして、目の前にやってくる変化を純粋に楽しんでください。
posted by 田村 季山 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。