2009年12月03日

心の用い方次第で運命、人生は良くも悪くもなる

人の人生は、心の用い方を良くしたり悪くしたりすることによって、良くもなり悪くもなります。

もっとわかり易くいえば、私たちの肉体はもちろん、精神も、一切の広い意味における人生の事柄を、心の運用いかんによって、決定することができるのです。

つまり、人間の心で行う思考は、人生の一切を創るのです。
心の思考作用と、宇宙を司る宇宙本体の創造作用・・・物を産み出す力・・・とは、別々に分かれているのではなく、本質的に、一つのものなのです。

人間というものは、人間自身の心の中の思わせ方、考えさせ方が、自分の生命の全体を、強くも、弱くもするのです。

人間の心に、何かの観念が出ると、その観念の型の通りに宇宙本体から微妙な力が働き出し、その観念の型が、良ければ良いように、悪ければ悪いように、・・・わかりやすく言えば、思い方や考え方が積極的であれば、積極的なものが出来、消極的であれば消極的なものがでます。

人生の一切は、健康であろうと運命であろうと、肉体も、心も、また環境も、すべてが人の心によって創られているのですから、人生を素晴らしいものにしたいのならば、心をいつも明るく積極的な建設的な健康的なものに向けていることがとても大事です。


posted by 田村 季山 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。