2010年01月14日

私たちは常に最善に置かれ、しかも善い方へ良い方へ導かれている

「今の自分には足りないものがある」という不足感や欠乏感を埋めるために生きている限り、どこまでいっても「まだ足りない」という思いから抜けきれません。

自分は既に完全な存在であって、何一つ足りないものはない。自分を縛るものなど何もなく百パーセント自由な存在であることに早く気づきましょう。

人生の中で一見嫌なことや困ったことが起きたときに、その意味を考える余裕があると、実はそれは楽しい結果をもたらすための出来事だったんだと思えて、悪いようにみえる出来事にも感謝できるようになります。

そうしていると、そもそも不愉快な出来事が起きなくなってきます。
人間は何に対しても無条件に「ありがとう」と言えるようになると、ステージがあがるようです。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138244016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。