2010年01月28日

あれこれ考えないで、すぐやる

私たちは、あれこれ考えたり、将来の心配をしたり、過去を悔いたりすることにもの凄く時間やエネルギーを使います。嫌なことを思い出したり、不満を考えたりするだけで疲れてしまうのです。

天龍寺の管長をされた関牧翁老師は、「苦しいことは早く飛び込めば、早く抜けられる」と言われました。つまり、どうせやらなくてはならないことは、何も考えずにやってしまいなさい、そうすればいつかはこの苦しみは終わるのです。

もし、やるかやらないか考えたり、先延ばしをしたりしていると、いつまで経ってもやらないことになるので、結局、どんどんやらなくてはならないことが積み重なってしまい、最後は処理できないほどの仕事がたまってしまうことになるのです。時間をうまく使うコツは、あることをして、次にやることが決まっている場合には、何も考えずにどんどんそれをやってしまうことです。

とくにいけないのは取り越し苦労です。あれはどうなるのだろう、これはどうしたらいいのだろうと、心配していると疲れ切ってしまいます。無駄に頭を使うくらい疲れることはありません。そんなことに頭を使うよりもやってしまうのです。「案ずるより産むが易し」という言葉どおり、心配しているくらいなら、やってしまうのです。すると大抵はうまくいきます。やらなければ、結果は出ません。頭で考えていても、何も進みません。まずやってしまう。これが人生がうまくゆく秘訣です。

まず、やってみること、始めること。始めなければ、完成もありません。そして、次にやることが決まっていたら、その間に休んだり、考えたりもせずにすぐに続きをやることが大事です。それが人生における成功の秘訣といえるのです。
posted by 田村 季山 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ・成功・お金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。